清光(1)(読み)きよみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清光(1) きよみつ

?-? 鎌倉時代の漆工。
正和(しょうわ)4年(1315)比叡山(ひえいざん)鎮守日吉(ひよし)神社の神輿(しんよ)の造り替えに参加した。上七社の神輿7基をつくった漆工として,清光以下13名が,西園寺公衡(さいおんじ-きんひら)の日記(「公衡公記」)にしるされている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android