コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清川正二 きよかわまさじ

3件 の用語解説(清川正二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清川正二
きよかわまさじ

[生]1913.2.11. 愛知,豊橋
[没]1999.4.13. 東京,文京
水泳選手。 1932年ロサンゼルスオリンピック競技大会で 100m背泳ぎ優勝,1936年ベルリン大会では 100m背泳ぎ3位。 1936年東京商科大学卒業。以後コーチとして日本水泳界の発展に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清川正二 きよかわ-まさじ

1913-1999 昭和時代の水泳選手,経営者。
大正2年2月11日生まれ。昭和7年ロス五輪の100m背泳ぎで金メダル。11年ベルリン五輪で同種目に銅メダル。21年日本水泳チームヘッドコーチとなり,古橋広之進らをそだてる。国際水泳連盟名誉主事,IOC副会長をつとめた。東京商大(現一橋大)卒業後,兼松商店(現兼松)にはいり,51-53年社長。平成11年4月13日死去。86歳。愛知県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きよかわまさじ【清川正二】

1913(大正2)‐
昭和期の水泳選手。オリンピックメダリスト。愛知県に生まれる。名古屋高等商業学校を経て東京商科大学(現,一橋大学)を卒業。1932年第10回オリンピック・ロサンゼルス大会に出場し,100m背泳に1分8秒6の記録で優勝,36年ベルリンの第11回オリンピック大会では同種目で3位となった。兼松商事に入社し,後に兼松江商の社長,会長を務めた。69年IOC(国際オリンピック委員会)委員となり,79年同副会長に選任された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清川正二の関連キーワード鶴田義行前畑秀子オリンピックの歌オリンピック報奨金オリンピック村金メダルゴールドメダリスト夏季オリンピック札幌オリンピック成田真由美

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清川正二の関連情報