コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水崑 しみず こん

6件 の用語解説(清水崑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清水崑

漫画家。長崎県生。名は幸雄。岡本一平に師事し、南画的手法を学ぶ。やがて新漫画派集団の同人となり、横山隆一らとともに腕をみがいた。戦後は「新夕刊」「朝日新聞」に政治漫画を描いた。代表作に「かっぱ天国」等。著にエッセー集『筆をかついで』がある。昭和49年(1974)歿、61才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しみず‐こん〔しみづ‐〕【清水崑】

[1912~1974]漫画家。長崎の生まれ。本名、幸雄。岡本一平に師事し、挿絵画家として認められたのち、新聞に政治漫画を掲載。「週刊朝日」に連載された「かっぱ天国」が人気を集め、かっぱブームを起こした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

清水崑【しみずこん】

漫画家。本名幸雄。長崎県生れ。長崎市立商業卒業後,上京して岡本一平に師事。第2次大戦後,《新夕刊》《朝日新聞》の嘱託となって政治漫画で頭角を現し,毛筆による鳥羽絵調の軽妙な絵とすぐれた似顔絵で人気を博した。
→関連項目漫画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水崑 しみず-こん

1912-1974 昭和時代の漫画家。
大正元年9月22日生まれ。岡本一平に弟子入りし,新漫画派集団に所属。戦後,「新夕刊」「朝日新聞」の政治漫画,「週刊朝日」に連載した「かっぱ天国」で人気をえる。「アラビアンナイト」など子供漫画も手がけた。昭和49年3月27日死去。61歳。長崎県出身。長崎商業卒。本名は幸雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水崑
しみずこん

[生]1912.9.22. 長崎
[没]1974.3.27. 東京
漫画家。長崎市立商業学校卒業後,19歳で家出して上京,街頭似顔絵などで生計を立てる。 1933年「新漫画派集団」に参加,岡本一平に師事したが基本的には独学。ペンがきではなく,やわらかい筆づかいで独自の南画風の漫画スタイルを生み出した。第2次世界大戦後は『朝日新聞』に政治漫画を描く。 53年から『週刊朝日』に連載した『かっぱ天国』で広く知られた。その他『のらくらアブー』『雲のコン吉』『わたくしは弟子である』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水崑
しみずこん
(1912―1974)

漫画家。本名幸雄(ゆきお)。長崎市銭座(ぜんざ)町(現天神町)生まれ。長崎商業学校卒業。19歳で家出して上京。街頭似顔絵かきを経て、1933年(昭和8)ごろから雑誌に似顔漫画を描き出し、漫画集団に所属。第二次世界大戦後、『新夕刊』『朝日新聞』嘱託を経てフリーになる。生来の厳しい清楚(せいそ)な心と、毛筆の太・細の線とが織り成した独自の画風で和紙に描く。随筆・人物会見記などの文章も希代の妙筆として知られる。おもな作品に『筆をかついで』(1951)、『少年少女漫画集』(1953)、『かっぱ天国』(1955)を代表作とするかっぱものや、『一筆対談』(1957)、『新絵本太閤(たいこう)記』(1959)などがある。[陣内利之]
『『かっぱ天国』(小学館文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清水崑の言及

【漫画】より

…加藤芳郎,横山泰三,手塚治虫など新しい世代の漫画家があらわれた。独特の筆づかいで清水崑(こん)(1912‐74)が海外にまで迎えられたのもこの時代である。経済復興の後は,大正時代とはけたはずれの規模の漫画が印刷されて,量として日本の出版物の主要部分を占めるに至った。…

※「清水崑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水崑の関連情報