コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清沢洌 キヨサワキヨシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清沢洌 きよさわ-きよし

1890-1945 大正-昭和時代前期のジャーナリスト。
明治23年2月8日生まれ。井口喜源治(きげんじ)の研成義塾にまなび,アメリカのホイットワース大を卒業。中外商業新報社をへて昭和2年東京朝日新聞社にはいる。4年右翼の攻撃をうけて退社し,フリーの評論家として終生反軍国主義の姿勢をつらぬいた。戦時中の日記に「暗黒日記」,著作に「日本外交史」など。昭和20年5月21日死去。56歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きよさわきよし【清沢洌】

1890‐1945(明治23‐昭和20)
外交評論を中心としたジャーナリスト。長野県生れ。内村鑑三門下の井口喜源治の教える研成義塾に学び,1906年に渡米し苦学してホイットウォース大学を卒業。20年帰国して《中外商業新報》に就職し外事報道関係で活躍,その後27‐29年《東京朝日新聞》企画部次長となる。30年ロンドン軍縮会議の報道に従事し,同年《報知新聞論説委員となり,38年《東洋経済新報》の顧問となる。37年以降は日中全面戦争や日米戦争に反対する立場に立ち,戦時下にも反軍部の姿勢を貫いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きよさわきよし【清沢洌】

1890~1945) ジャーナリスト。長野県生まれ。朝日新聞・東洋経済新報などを舞台に、軍国主義に同調せず、自由主義者として外交・政治評論に活躍。著「日本外交史」「暗黒日記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清沢洌
きよさわきよし
(1890―1945)

ジャーナリスト、評論家。明治23年2月8日長野県北穂高村(現、安曇野(あづみの)市)に生まれる。小学校卒業後、郷里の研成義塾(内村鑑三門下の井口喜源治(いぐちきげんじ)(1870―1938)が創設)に学び、ピューリタニズムの影響を受けた。1906年(明治39)渡米。ホイットウォース・カレッジで政治経済学を学び、のち、シアトル、サンフランシスコの邦字新聞社に勤めた。1920年(大正9)帰国して『中外商業新報』(現『日本経済新聞』)の外務部長となり、中国を訪問、有力政治家の会見記を書いた。1927年(昭和2)『東京朝日新聞』の企画部次長に迎えられたが、著書『自由日本を漁(あさ)る』(1929)のなかの「甘粕(あまかす)と大杉の対話」がもとで右翼の攻撃を受けた。これを機に1929年フリーの評論家に転じ、1930年『中央公論』特派員としてロンドン軍縮会議を報道。1938年『東洋経済新報』評議員となり、石橋湛山(たんざん)と交友を結び、1939年、三木清、嶋中(しまなか)雄作らと国民学術協会を結成、第二次世界大戦直前に『第二次欧州大戦の研究』(1940)などを刊行。清沢は内村の影響を受け、リベラルな自主独立の評論家として生涯、筋を貫いた。その強さは戦時中の日記(戦後『暗黒日記』として刊行)に余すところなく現れている。終戦直前の昭和20年5月21日、急性肺炎で死去。[高須正郎]
『橋川文三編・解説『暗黒日記』(1979・評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清沢洌の関連キーワードリジェンダー

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清沢洌の関連情報