コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡島総合振興局 おしま

3件 の用語解説(渡島総合振興局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡島総合振興局
おしま

北海道南西部に設置された北海道の総合出先機関。1948年制定の北海道支庁設置条例に基づき,渡島支庁として設立。2009年制定の北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例に基づき,現名称となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おしま‐そうごうしんこうきょく〔をしまソウガフシンコウキヨク〕【渡島総合振興局】

渡島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡島総合振興局
おしまそうごうしんこうきょく

北海道庁の出先機関で、2010年(平成22)に、それまでの渡島支庁を改称・改組して設置された。組織体制および機能は地方自治法第155条に定める支庁と同格・同列で、とくに広域的な処理が効果をあげるような場合は、檜山(ひやま)振興局管内に係わる事務を所掌することができる。局所在地は函館(はこだて)市。所管区域は松前(まつまえ)、福島、知内(しりうち)、木古内(きこない)、七飯(ななえ)、鹿部(しかべ)、森、八雲(やくも)、長万部(おしゃまんべ)の9町で、その面積は2861.24平方キロメートル、人口10万0648(2010)。原則として市域は所管外であるが、函館、北斗(ほくと)の2市を管轄下とする場合もあり、両市を含む面積は3936.47平方キロメートル、人口42万7807(2010)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡島総合振興局の関連キーワード尾花岬胆振渡島支庁十勝北海道開発の行政組織北海道奥尻郡奥尻町青苗北海道渡島〈総合振興局〉北海道後志〈総合振興局〉北海道檜山〈振興局〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡島総合振興局の関連情報