コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺霞亭 わたなべ かてい

美術人名辞典の解説

渡辺霞亭

小説家・新聞記者。名古屋生。本名勝、別号は碧瑠璃園。大阪朝日新聞社にて多数の連載小説を書き、西村天囚と『浪花がた』を創刊するなど、関西文壇の振興に寄与。また、書画・骨董に一家言を有した。大正15年(1926)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わたなべ‐かてい【渡辺霞亭】

[1864~1926]小説家。愛知の生まれ。本名、勝。別号、碧瑠璃園(へきるりえん)・黒法師歴史小説家庭小説で人気を博した。江戸文学の収集家としても知られる。作「大石内蔵之助」「渦巻」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺霞亭 わたなべ-かてい

1864-1926 明治-大正時代の小説家。
元治(げんじ)元年11月20日生まれ。岐阜日日新聞の記者をへて,東京朝日新聞,大阪朝日新聞につとめ,歴史小説や家庭小説を発表。西村天囚らとともに雑誌「なにはがた」を創刊し関西文学の振興につくす。劇評家,蔵書家としても知られた。大正15年4月7日死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は勝。別号に碧瑠璃園(へきるりえん),緑園,黒法師など。代表作に「想夫憐」「渦巻」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺霞亭

没年:昭和1.4.7(1926)
生年元治1.11.20(1864.12.18)
明治大正時代の小説家。本名は勝。別号に碧瑠璃園,緑園,黒法師,黒頭巾,無名氏,春帆楼主人,哉乎翁,朝霞隠士など。名古屋生まれ。尾張藩士源吾,たけの息子。名古屋の好生館に学び,明治14(1881)年『岐阜日日新聞』文芸欄主任として入社,同19年名古屋の『金城新報』編集長,20年に上京して『燈新聞』に転じ,21年,同紙が大阪朝日新聞社に買収され『東京朝日新聞』になると,『絵入自由新聞』に移るが,ほどなく復帰。23年には『大阪朝日新聞』に招かれ,以来関西文壇の重鎮となる。通俗的長編にたけ,40年「大石内蔵助」,大正2~3(1913~4)年「渦巻」などを書く。また本吉欠伸らと24年,雑誌『なにはがた』を創刊し,同誌に作品を寄せて関西文学の振興に力を尽くした。

(佐伯順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

わたなべかてい【渡辺霞亭】

1864~1926) 小説家。尾張国生まれ。本名、勝。「大阪朝日新聞」などに、新聞小説を連載、大衆的人気を博す。著「大石内蔵助」「渡辺崋山」「渦巻」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺霞亭
わたなべかてい
(1864―1926)

小説家、劇作家。名古屋に生まれる。本名勝(まさる)。渡辺家は尾州(びしゅう)藩家老の家柄で、青松葉事件(「青松葉」とは渡辺家の異名。幕末、前藩士徳川慶勝(よしかつ)が藩論を統一するために、渡辺らの親幕派を斬首(ざんしゅ)、家名断絶等の非常の刑で葬り去った事件)に連繋(れんけい)し没落。1890年(明治23)大阪朝日新聞に入社。翌年西村天囚(てんしゅう)らと『なにはがた』を創刊。筆名を自在に駆使し、歴史、家庭小説の流行作家となる。その作は勧善懲悪的傾向が強い。碧瑠璃園(へきるりえん)、緑園(りょくえん)の号で『渡辺崋山(かざん)』(1889)、『後藤又兵衛』(1890)、『後の後藤又兵衛』(1908)などの歴史小説を執筆。家庭小説『渦巻(うずまき)』全四巻(1913~14)は、家督相続争いを「あたらしいお家騒動物」(千葉亀雄)に仕上げた話題作である。霞亭はまた、江戸時代の小説類の収集家であり、この旧蔵書の一部(和書1851冊)が東京大学附属図書館に「霞亭文庫」として架蔵されている。[山崎一穎]
『岡保生著『日本近代文学外史 近代文学の異端者』(1976・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渡辺霞亭の言及

【椀久末松山】より

…2幕5場。渡辺霞亭作。1906年3月大阪中座初演。…

※「渡辺霞亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺霞亭の関連キーワード中尾 都山(1代目)中尾 都山(初代)松浦の太鼓渡辺崋山横山隆平大衆文学没年渡辺椀久

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android