コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵入自由新聞 えいりじゆうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵入自由新聞
えいりじゆうしんぶん

1882年9月1日創刊された自由党小 (こ) 新聞。 81年に結党した自由党は,大 (おお) 新聞として『自由新聞』を創刊したが,市民大衆に自由民権の思想を普及するため『絵入自由新聞』を創刊。黒岩涙香の探偵小説などで人気を集め,自由党の解党,『自由新聞』の廃刊後も自由民権のとりでを守り続けた。しかし 92年,黒岩の『万朝報』に吸収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

絵入自由新聞【えいりじゆうしんぶん】

1882年9月1日創刊の自由党系小新聞(こしんぶん)(大新聞・小新聞)。日刊。平明な文章で小説などには絵を入れ,庶民大衆の自由民権思想の啓発を目ざした。最盛期の発行部数は1万弱。
→関連項目月岡芳年

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいりじゆうしんぶん【絵入自由新聞】

明治時代,自由民権期の小(こ)新聞。自由党の主義主張を庶民に浸透させることを目的として,1882年9月1日に創刊。自由党は当時《自由新聞》という機関紙をもっていたが,それは知識人階層を対象とする新聞であった。タブロイド判,挿画,傍訓入りなどは他の小新聞(大(おお)新聞・小新聞)と共通していたが,政治小説やコラムなどで自由党色をだしていた。桜田百衛や夢柳宮崎富要らが記者として活躍。90年11月15日に《かみなり新聞》に合併し,《雷新聞》と改題。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいりじゆうしんぶん【絵入自由新聞】

1882年(明治15)創刊された自由民権派の新聞。1890年廃刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵入自由新聞
えいりじゆうしんぶん

1882年(明治15)9月1日創刊された日刊の小新聞。和田稲積(いづみ)、坂崎斌(びん)ら自由党土佐派の人々が中心になり、党機関紙『自由新聞』の別働隊の役割を果たした。『自由新聞』廃刊後も自由党系紙として大隈重信(おおくましげのぶ)の条約改正案に強く反対(1889)したりしたが、90年11月『かみなり新聞』と合併し『雷新聞』となる。92年4月和田らが再刊したが、翌年6月『萬朝報(よろずちょうほう)』に吸収合併され、廃刊した。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の絵入自由新聞の言及

【大新聞・小新聞】より

…小新聞の世界では大新聞ほどはっきりした政党色はなかったが,自由民権運動が高揚するとともにその色彩が多少とも現れる。《読売新聞》《仮名読新聞》《東京絵入新聞》《絵入自由新聞》などが主要な小新聞である。なお,大阪では大新聞として《大阪日報》,小新聞として《浪花新聞》《朝日新聞》が代表格である。…

※「絵入自由新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絵入自由新聞の関連キーワード花笠文京(2代)自由党(日本)久野 初太郎自由民権思想竹内 明太郎黒岩 涙香久野初太郎竹内明太郎渡辺霞亭新聞小説黒岩涙香

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android