コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山都 やまと

2件 の用語解説(山都の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山都
やまと

福島県北西部,喜多方市西部の旧町域。飯豊山地南斜面から会津盆地にかけて広がる。 1950年町制。 1954年相川村,早稲谷村,一ノ木村の3村および朝倉村の一部と合体。 2006年喜多方市熱塩加納村,塩川町,高郷村と合体して喜多方市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山都
やまと

福島県北西部、耶麻(やま)郡にあった旧町名(山都町(まち))。現在は喜多方(きたかた)市山都町地区で、市の西部を占める。飯豊(いいで)山地の南麓(なんろく)に広がり、阿賀(あが)川とその支流一ノ戸(いちのと)川に沿う。旧山都町は、1950年(昭和25)山都、木幡(こはた)、小川の3村が合併して町制施行。1954年相川、早稲谷(わせだに)、一ノ木の3村と合併。2006年(平成18)塩川町および熱塩加納(あつしおかのう)、高郷(たかさと)の2村とともに喜多方市に合併した。JR磐越西(ばんえつさい)線、国道459号が通じる。中心の山都地区は近世は木曽(きそ)村と称し、越後(えちご)裏街道に沿う街村で、会津藩領山三郷の一つ木曽組の中心であった。飯豊山の登山路にあたる一ノ戸川沿いの一ノ木には飯豊山神社があり、飯豊山頂に五社権現(ごんげん)を祀る。北部は磐梯(ばんだい)朝日国立公園の一部で、川入(かわいり)は木地師(きじし)集落起源の登山口集落である。一ノ戸川筋は積雪が2メートルを超え、特別豪雪地帯に指定。産業は農林業が中心で、米作、ホップ・葉タバコ栽培、キリ材などがある。[安田初雄]
『『山都町史』全3巻(1986~1991・山都町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山都の関連キーワード福島県喜多方市梅竹福島県喜多方市押切福島県喜多方市台福島県喜多方市寺町福島県喜多方市西井戸尻福島県喜多方市西籠田福島県喜多方市西町福島県喜多方市西四ツ谷福島県喜多方市柳原山都〈町〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山都の関連情報