コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧洞沼 ゆうどうぬま

1件 の用語解説(湧洞沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湧洞沼
ゆうどうぬま

北海道南東部,十勝地方の海岸にある潟湖の1つ。帯広市の南東,豊頃町に属する。面積 3.73km2。周囲 15km。最大深度 3.5m。湖面標高 5m。北東沿岸流により発達した砂州 (全長 4km) で湾口が閉ざされて生成されたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の湧洞沼の言及

【豊頃[町]】より

…豆類を主体にジャガイモ,テンサイを栽培する畑作や,酪農,大津漁港のサケ漁が産業の中心である。長節(ちようぶし)沼の湖畔の砂丘にはハマナス,コケモモ,エゾカンゾウなど約300種の植物が自生する大津原生花園があり,その南西にはカレイ,アカハラなどが生息する十勝海岸最大の潟湖の湧洞(ゆうどう)沼(面積3.7km2,周囲19km)がある。根室本線のほか,国道38号線が通り,広尾へ向かう国道336号線を分岐する。…

※「湧洞沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone