コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯桶読み ゆとうよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯桶読み
ゆとうよみ

湯桶」を「ゆとう」と読むように,漢字2字またはそれ以上から成る単語で,上の漢字を訓読みし,下の漢字を音読みする読み方。重箱読みに対する。野宿 (のじゅく) ,見本 (みほん) ,家賃 (やちん) など。語構成からみれば,和語漢語との合成語といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆとう‐よみ【湯×桶読み】

《「ゆ」は「湯」の読み、「とう」は「桶」の音読みであるところから》漢字2字でできている熟語で、上の字を訓で、下の字を音で読むこと。「夕刊(ゆうかん)」「手本(てほん)」などの類。⇔重箱読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

湯桶読み【ゆとうよみ】

漢字2字またはそれ以上で書かれる複合語で,湯(ゆ)桶(とう),初(うい)陣(じん)のように,前半の字をで,後半の字を字音で読むもの。平安時代から現れ,中世以降,次第に盛んになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゆとうよみ【湯桶読み】

(「ゆ」は「湯」を訓読みにしたもの、「とう」は「桶」を音読みにしたものであるところから)「湯桶」のように、漢字二字でできている熟語の上の字を訓で読み、下の字を音で読むこと。また、そういう読み方。「手本てほん」「野宿のじゆく」「夕飯ゆうはん」の類。 ⇔ 重箱読み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯桶読み
ゆとうよみ

漢字二字による語を、「湯(ゆ)・桶(とう)」(湯を入れる容器の名称)のように、上の一字を訓で、下の一字を音で読む読み方(およびその語)をいう。「重(じゅう)・箱(ばこ)」のように、上を音で、下を訓で読むものは、重箱読みといわれて区別される。古くは湯桶読みと重箱読みとの区別に対する意識はあまりなかったが、中世末からそれぞれ別の名称でよばれるようになった。いずれにせよ、漢字音が日本語として一般化するなかでおこった現象として、とらえることができる。現代語のなかにも「身分(みぶん)」「下絵(したえ)」「手数(てすう)」など、多くその例がある。[近藤泰弘]
『山田孝雄著『国語の中に於ける漢語の研究』(1940・宝文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湯桶読みの言及

【重箱読み】より

…重箱のように漢字2個(または2個以上)の連結で書き表される熟語の,上半(または頭部)を音(おん)で,下半(または脚部)を訓(くん)で読む場合,その読み方を〈重箱読み〉といい,逆の組合せを〈湯桶(ゆとう)読み〉(または湯桶文章,湯桶ことば)という。重箱読みの型の例としては〈一(いち)羽(わ)〉〈碁(ご)石(いし)〉〈台(だい)所(どころ)〉〈毎(まい)年(とし)〉〈懐中(かいちゆう)物(もの)〉など,湯桶読みの型の例としては〈言(いい)分(ぶん)〉〈大(おお)勢(ぜい)〉〈敷(しき)金(きん)〉〈手(て)本(ほん)〉〈庭(にわ)下駄(げた)〉などがある。…

【湯桶】より

…室町時代には贈答用の酒を入れることも多く,江戸時代になると葬式のあとなどに湯桶に酒を入れてふるまうのを〈湯桶酒(ゆとうざけ)〉と呼ぶこともあった。〈ゆとう〉は上の字を訓,下の字を音で読むもので,こうした読み方を湯桶読みといい,上を音,下を訓で読む重箱読みとともに,〈儒者などは甚笑う事なり〉と伊勢貞丈は書いている。【鈴木 晋一】。…

※「湯桶読み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

湯桶読みの関連キーワード閾(しきい)値規則閾値規則血肉閾値

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android