コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯郷温泉 ゆのごうおんせん

5件 の用語解説(湯郷温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯郷温泉
ゆのごうおんせん

岡山県北東部,美作市にある吉野川沿いの温泉。平安時代円仁によって発見されたといわれ「鷺の湯」と名づけられたと伝えられる。泉質は硫黄泉,食塩泉。泉温 43℃。中央の共同浴場のまわりに旅館街が形成され,観光施設が整っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆのごう‐おんせん〔ゆのガウヲンセン〕【湯郷温泉】

岡山県美作(みまさか)市にある温泉。泉質は塩化物泉奥津温泉・湯原(ゆばら)温泉とともに美作三湯の一。平安時代、円仁が白鷺(しらさぎ)に導かれて発見したという伝説が残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆのごうおんせん【湯郷温泉】

岡山県美作みまさか市の、吉井川支流の吉野川沿いにある硫黄泉。美作三湯の一つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕湯郷温泉(ゆのごうおんせん)


岡山県北東部の美作(みまさか)市、吉野(よしの)川中流沿いにわく行楽向きの温泉。奥津(おくつ)温泉・湯原(ゆばら)温泉郷とともに美作三湯の一つ。美作路・津山(つやま)城下町観光の基地。付近にはイチゴ・クリ・ブドウシイタケなどの観光農園が多い。ゴルフテニスラグビーなどのスポーツ施設も充実。ナトリウムカルシウム-塩化物泉。泉温42.9℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯郷温泉
ゆのごうおんせん

岡山県東部、美作(みまさか)市湯郷にあり、美作三湯(さんとう)の一つ。吉野川西岸にあり、伝説では慈覚大師円仁(えんにん)がシラサギに導かれて発見したといい、鷺(さぎ)の湯、鷺温泉ともいわれた。近世には津山藩主の森氏、松平氏の保護を受けた。明治、大正期には湯治場であったが、国鉄(現JR)姫新(きしん)線開通以後、阪神方面からの客も多い。泉質は単純温泉。温泉資料館がつくられていて、また近くには総合運動公園、ゴルフ場、観光農園などがある。姫新線林野(はやしの)駅からのバス便があるほか、岡山駅からの直通バスもあり、中国自動車道美作インターチェンジにも近い。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯郷温泉の関連キーワード津山美作美作大学美作市杉坂美作市F1ロードマラソン岡山県美作市栄町美作〈町〉実経正木輝雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯郷温泉の関連情報