コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆箔 ウルシハク

5件 の用語解説(漆箔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うるし‐はく【漆×箔】

仏像彫刻などで、漆を塗った上に金箔を押したもの。
鳥の子紙に漆を塗ったもの。裁断して漆糸に用いる。
漆に染料をまぜて箔にしたもの。書物の装丁の背文字などに使う。

しっ‐ぱく【漆×箔】

漆を塗った上に金箔・銀箔をつける技法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うるしはく【漆箔】

仏像彫刻などで漆を塗った上に金箔を押したもの。
漆に染料を混ぜて薄く伸ばしたもの。書物の背文字など装丁に用いる。

しっぱく【漆箔】

漆を塗った上に、金・銀箔を貼り付ける技法。箔絵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漆箔
しっぱく

「うるしはく」ともいう。金箔を漆で接着させる技法。主として木造彫刻、乾漆(かんしつ)像などに用いる。木地に下地を施し、さらに上塗漆を塗って金箔を張る。ほとんど木像に限られているが、石像や塑像のほか、鎌倉大仏のように、銅像でありながら、鍍金(ときん)(金めっき)ができないので漆箔を施したものもある。平安末から鎌倉初期にかけては、像の胎内にも金箔や銀箔を張るという特殊な例もみられる。また中尊寺金色堂は建築に漆箔の技法を用いた例である。彫刻の場合、全身に漆箔する(ただし髪部は漆箔せず群青(ぐんじょう)彩とする)ものと、肉身部だけ漆箔とし、衣の部分には彩色を施すものとがある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漆箔の関連キーワード金銅塵地箔絵若狭塗梨子地弓弦石地塗白重籐関弦木目塗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漆箔の関連情報