コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢宮秋 かんきゅうしゅうHan-gong-qiu

4件 の用語解説(漢宮秋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢宮秋
かんきゅうしゅう
Han-gong-qiu

中国,元代の戯曲。馬致遠の作。漢の元帝の後宮にいる王昭君は,絵師毛延寿の要求する金を与えなかったため,肖像画を醜く描かれ,不遇の身でいたが,偶然その美しさを見出されて元帝の寵愛を受ける。ところが匈奴の強要によって,王昭君は匈奴の天子に降嫁しなければならなくなり,塞外の地に旅立ち,途上黒竜江に身を投じる。漢宮で王昭君を偲ぶ元帝は上空を飛ぶ雁の声にひとり啼泣する。『漢書』匈奴伝の記録に基づく王昭君説話に題材をとり,哀感のあふれる典雅な名文で書かれた,元の戯曲中屈指の名作。 J.デービスによる英訳 (1829) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんきゅうしゅう【漢宮秋 Hàn gōng qiū】

中国,元代の戯曲。馬致遠作。和親策の犠牲となって異民族に嫁した悲運の美姫,漢の王昭君の伝説を劇化したもの。雅俗語がみごとに調和した絶妙の歌詞を綴り,帝王の悲恋を描いた傑作として,《元曲選》の巻頭を飾る。とくに,ある秋の夜,つかの間のまどろみに王昭君を夢みた元帝が,おりから空を鳴きわたる雁の声に思慕の情をつのらせる終幕は,余情に富む名シーンとされている。【田中 謙二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんきゅうしゅう【漢宮秋】

中国、元代の戯曲。元の馬致遠撰。匈奴に降嫁した王昭君の故事を題材とする。元曲の代表作の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢宮秋
かんきゅうしゅう

元代の戯曲。4折(せつ)(幕)。馬致遠(ばちえん)作。漢の王昭君が匈奴(きょうど)に嫁ぐ故事をもとに創作した悲劇。元帝を主役にして皇帝の悲恋を描いたところに特色がある。画工毛延寿(もうえんじゅ)が賄賂(わいろ)を贈らない昭君の画像を醜く描いたため、昭君は匈奴に嫁ぐこととなる。昭君は帝の寵愛(ちょうあい)を受けるが、匈奴の単于(ぜんう)が大軍を率いて昭君を求め、昭君は自ら国のために匈奴に旅だつ途中、国境で入水(じゅすい)して果てる。この構成は史実とは異なるが、モンゴルに支配されていた当時の漢民族の情感をよく反映している。3幕の帝と昭君の別れの場、帝が僻地(へきち)の昭君をしのび、別離後のうつろな心を唱(うた)う場面は心を打つ。4幕で夢に昭君をみ、雁(かり)の声に目覚めれば、昭君入水の報が届き、劇は最高潮に達して終わる。[平松圭子]
『塩谷温訳『国訳元曲選 漢宮秋・殺狗勧夫』(1940・目黒書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の漢宮秋の言及

【王昭君】より

…《漢書》匈奴伝によると,前33年匈奴との親和政策のために呼韓邪単于(こかんやぜんう)に嫁がされ,寧胡閼氏(ねいこえんし)と呼ばれて1男を生んだが,呼韓邪が死ぬと正妻の長子復株累(ふくしゆるい)単于と再婚して2女を生み,その地で死んだとある。彼女の話は後世多分に潤色されてさまざまな哀話を生み,ことに元の馬致遠が戯曲《漢宮秋》を書いて以後,彼女は悲劇のヒロインとして定着したきらいがあるが,《漢書》の記録が史実のようである。【永田 英正】。…

※「漢宮秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone