コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の山

デジタル大辞泉プラスの解説

火の山

海音寺潮五郎の長編歴史小説。1963年刊行。「日本」五部作の第2部。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

火の山の関連キーワード山口県下関市みもすそ川町瀬戸内海国立公園水島 亮太郎南阿蘇(村)山口県下関市グラジオラス海音寺潮五郎曽宮 一念田崎 広助満岡 照子自然遊歩道下関(市)早鞆ノ瀬戸純情きらり北広島町指輪物語関門海峡柴木丈瑠アピ火山満岡照子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の山の関連情報