コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烽火 とぶひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烽火
とぶひ

のろしをあげて外敵の侵入を急報する設備。飛火烽燧とも書く。天智3 (664) 年新羅の入寇に備え,対馬,壱岐筑紫においたのが初め。令制では 40里間隔に設け,長,烽子をおく規定。延暦 18 (799) 年大宰府管内以外のものは廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐か〔‐クワ〕【×烽火】

のろし。のろしの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうか【烽火】

のろし。とぶひ。
戦争。兵乱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

烽火の関連キーワードイエンタイ(煙台)特別市川上金立県立自然公園クズルガハ烽火台クズルガハ千仏洞ワルトブルク祭長崎七高山巡り関ヶ原古戦場ジェリコーキュビスムミナレットハラ・ホト火の山公園源平の合戦長崎(市)白山城跡大野城跡藤原広嗣河村瑞賢岩殿山城御坂城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

烽火の関連情報