火中の栗を拾う(読み)カチュウノクリヲヒロウ

大辞林 第三版の解説

かちゅうのくりをひろう【火中の栗を拾う】

〔猿におだてられた猫が火の中の栗を拾い、大やけどしたというラ=フォンテーヌの寓話に基づく、フランスの諺から〕
他人の利益のために危険を冒す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

火中の栗を拾うの関連情報