コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火映 カエイ

5件 の用語解説(火映の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐えい〔クワ‐〕【火映】

活動中の火山の火口上空の雲や噴煙が、火口の赤熱溶岩に映えて明るく赤く見える現象。伊豆大島御神火(ごじんか)はこの例。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かえい【火映 volcanic red glow】

火口中の火道上部に比較的高温のマグマまたは高温のガスが存在するとき,その上部に水蒸気や噴気があると,ふもとから見て火口直上が夜間,赤く映える現象をいう。噴気が少ないか,温度がやや低い場合には目には見えないが,長時間露出の写真にはよく写る場合がある。浅間山では,1973年2月の噴火の数日前から夜間に火映が見られた。これは火道にマグマまたは高温のガスが上昇してきたことを意味している。【下鶴 大輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かえい【火映】

活火山の火口上空が、夜間、赤く映える現象。マグマまたは高温のガスが上昇してきて火口内に存在する場合に見られる。 → 御神火ごじんか

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

火映

活動中の火山において、夜間、火山ガスの火炎などが雲や噴煙に反射し、火口上空が赤く照らし出される現象。日本では噴火時の浅間山や三原山、桜島などで確認されている。三原山の火映は「御神火(ごじんか)」と呼ばれ、古くから信仰の対象とされている。

(2015-8-21)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火映
かえい

夜間、火山上空の雲や噴煙が、火口内の赤熱溶岩や火炎、それに赤熱溶岩流などに映え、明るく赤く染まって見える現象。噴火中ないし活動期の火山で見られ、火山活動監視上の赤信号である。1973年(昭和48)の浅間山噴火に先だち、軽井沢測候所は、火映と火山性地震の発現状況から臨時火山情報を出し、防災の実をあげた。伊豆大島で御神火(ごじんか)とよばれる現象は、たいてい、火口内に露頭した赤熱溶岩による火映である。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火映の関連情報