コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰色黴病 ハイイロカビビョウ

デジタル大辞泉の解説

はいいろかび‐びょう〔はひいろかびビヤウ〕【灰色×黴病】

イチゴなどの花や果実に、不完全菌のボトリチス・シネレアが寄生し、灰色のカビができて腐敗する病害。湿度が高いと発生が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいいろかびびょう【灰色黴病 gray mold】

不完全菌のBotrytis cinereaの寄生によって起こる植物の病害。ボトリチス病ともいう。葉,花,果実を侵し,罹病部に顕著なけばだった灰色の菌叢(分生子,分生子柄,菌糸)を生ずるのが一般である。本病の名前はここからきている。トマト,イチゴ,チューリップ,タマネギ,ミカン,チャ,リンドウなどの灰色かび病がよく知られる。本菌は栽培中の植物のほか,収穫後の果実などが感染すると,箱の中で拡大し,貯蔵病害の一つとして大きな被害を与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいいろかびびょう【灰色黴病】

不完全菌のボトリチス-シネレア菌の寄生によって発生する作物の病害。イチゴなどの果実の熟果に灰色ビロード状のかびが生じ腐敗させる。湿度の高い所で発生しやすい。イチゴ・トマト・菊・シクラメンなどに被害が多い。ボトリチス病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰色黴病の関連キーワードBotrytis cinerea

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android