コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(エンバク)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(エンバク)

梅雨明けから発生する斑点性の糸状菌病。病斑は黄褐色〜橙色、楕円形、大きさ5-30×1-5mmで、後に相互に融合して不定形となる。病斑が古くなると中央部が灰白色になり、そこに剛毛という菌組織が形成され、黒くかびてみえる。剛毛付近にはオレンジ色の粘塊状の胞子が形成され、これが風雨で飛散してまん延する。病原菌はソルガムオーチャードグラス、ライグラスなどの菌と同種だが、それぞれ寄生性が分化しているとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

炭疽病(エンバク)の関連キーワード炭疽病(ソルガム・スーダングラス)コッホ(Robert Koch)炭疽病(センチピードグラス)炭疽病(レッドトップ)エミリー ルーカキ(柿)科学者の道ファイゴン遅腐れ病貯蔵病害セレサンブドウ炭疽菌炭疽病脾脱疽晩腐病ジネブ炭疽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android