コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(エンバク)

1件 の用語解説(炭疽病(エンバク)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(エンバク)

梅雨明けから発生する斑点性の糸状菌病。病斑は黄褐色〜橙色、楕円形、大きさ5-30×1-5mmで、後に相互に融合して不定形となる。病斑が古くなると中央部が灰白色になり、そこに剛毛という菌組織が形成され、黒くかびてみえる。剛毛付近にはオレンジ色の粘塊状の胞子が形成され、これが風雨で飛散してまん延する。病原菌はソルガム、オーチャードグラス、ライグラスなどの菌と同種だが、それぞれ寄生性が分化しているとされる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭疽病(エンバク)の関連キーワード黒斑病(エンバク)斑点病(ライムギ)縁枯病(ライグラス)夏斑点病(ライグラス)炭疽病(ベルベットグラス)斑点病(アカクローバ)斑点病(シロクローバ)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)斑点病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone