コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(ライグラス)

暖地での夏枯の原因となる斑点性の糸状菌病。初め水浸状の小斑点が現れ、これが広がって灰白色〜淡褐色、長楕円形〜紡錘形、長さ5-10mm、幅2ー4mm程度の病斑になる。病斑が古くなると中央部に剛毛という菌組織を形成し、黒くかびたように見える。多湿条件下ではオレンジ色の胞子粘塊を形成し、これが風雨で飛散してまん延する。梅雨明けから夏の終わりにかけて発生する。病原菌はソルガム、オーチャードグラス、バヒアグラスなどの炭そ病菌と同種であるが、それぞれ寄生性が分化しているとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

炭疽病(ライグラス)の関連キーワード炭疽病(ソルガム・スーダングラス)コッホ(Robert Koch)炭疽病(センチピードグラス)炭疽病(レッドトップ)エミリー ルーカキ(柿)ファイゴン科学者の道セレサン貯蔵病害遅腐れ病ブドウ炭疽病脾脱疽炭疽菌ジネブ晩腐病炭疽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android