コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然然 ササ

デジタル大辞泉の解説

さ‐さ【然】

[副]《副詞「さ」を重ねた語》しかじか。具体的な叙述を省略するときに用いる。
「―の所よりなりけりと聞き給ひて」〈かげろふ・中〉

しか‐じか【然】

《古くは「しかしか」か》
[副](「云云」とも書く)繰り返して言わないとき、わかりきったことをいちいち言わないとき、または必要のないことなので省略するときなどに、その代わりに用いる。かようかよう。かくかく。うんぬん。「彼はこれこれ然然の理由で出席できないという」
[感]あいづちを打つときに用いる語。そのとおり。そうそう。
「―、いと興あることなり」〈大鏡・序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ささ【然然】

( 副 )
これこれ。しかじか。 「 -の所よりなりけりと聞き給ひて/蜻蛉

しかしか【然然】

( 感 )
〔「しか」を重ねた語〕
そうそう。そのとおり。 「 -、さはべりし事也/大鏡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然然の関連キーワード叙述蜻蛉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android