コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯く カク

デジタル大辞泉の解説

かく【×斯く】

[副]
話し手が身近なこととして事態をとらえていう。このように。こう。「この家のあるじは―いう私だ」
前文の内容をさして、あるいは具体的な内容を省略していう。このように。こう。「―も盛大な会を催していただき」
事態が限界に達しているさま。ここまで。これほどまで。「―なる上はやむをえない」
[補説]古くは「か」と対の形でも用いられた。→とかくとにかくともかくとやかく
「か行けば人に厭(いと)はえかく行けば人に憎まえ」〈・八〇四〉
「そゑにとてとすればかかりかくすればあな言ひ知らずあふさきるさに」〈古今・雑体〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かく【斯く】

( 副 )
このように。このとおり。こう。 「 -言う私は」 「 -のごとき惨状」
(「かくも」の形で)これほど。これほどまで。 → かくも
副詞「と」と呼応して用いられる。このように。 「とにも-にも」 「とやあらん-やあらん」
副詞「か」と呼応して用いられる。このように。 「かに-に」 「かにも-にも」 → かくしてかくて

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斯くの関連キーワードジョーゼフ ファーフィ芋掘り坊主せぐるしい斯くして斯く斯く斯くて斯くも斯く迄相愛部署畏む残星鋭い補説了悉否目豊饒はれ精解窮窘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斯くの関連情報