コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

さ【然】

[副]すでにある事物・状態などをうけて、それを指示する語。そのように。そう。
「これのみは余りに深く我心に彫りつけられたれば―はあらじと思えど」〈鴎外舞姫
「おまへたちも、必ず―思(おぼ)すゆゑ侍らむかし」〈更級

し‐か【然/×爾】

《指示代名詞「」+接尾語」から》
[副]そのように。さように。
「あいなかりける心くらべどもかな、我は―隔つる心もなかりき」〈・夕顔〉
「生あるもの、死の近き事を知らざる事、牛、既に―なり」〈徒然・九三〉
[感]肯定して相づちをうつときに用いる。そのとおり。そう。
「―、まことに侍り」〈落窪・三〉

ぜん【然】

[接尾]名詞に付いて、そのもののようなようすであるということを表す。「紳士とした人」

ぜん【然】[漢字項目]

[音]ゼン(漢) ネン(呉) [訓]しかり しかるに しかし しかも しか さ さる
学習漢字]4年
〈ゼン〉
ほかでもなく、そうなっている。そのとおり。しかり。「自然全然当然同然必然本然未然
他の語に付けて状態を表す語。「唖然(あぜん)隠然俄然(がぜん)愕然(がくぜん)毅然(きぜん)厳然公然忽然(こつぜん)渾然(こんぜん)燦然(さんぜん)釈然悄然(しょうぜん)騒然断然超然陶然突然漠然憤然平然猛然歴然
〈ネン〉に同じ。「寂然(じゃくねん)天然本然黙然
[名のり]のり
[難読]然様(さよう)然然(しかじか)徒然(つれづれ)

ねん【然】[漢字項目]

ぜん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さ【然】

( 副 )
前に示されていることを受けて、その事態を示す語。そう。そのように。 「 -思おぼしたり/源氏 桐壺」 〔平安時代以後にみられる語〕 → さこそさのみさだにさはさばかりさもさらで

ぜん【然】

( 接尾 )
名詞に付いて、いかにもそのようなさまの意を表す。 「学者-としている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然の関連キーワード然もないと然なくとも跡を暗ます然うしたら然もなくば爾云・云爾然らずんば然りとて然う斯う然れども沙門日東然もない然ういう然うした荊渓尊者然る可き常嘉親王吉田啓斎然も然も然う然う

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

然の関連情報