(読み)サ

デジタル大辞泉の解説

さ【然】

[副]すでにある事物・状態などをうけて、それを指示する語。そのように。そう。
「これのみは余りに深く我心に彫りつけられたれば―はあらじと思えど」〈鴎外舞姫
「おまへたちも、必ず―思(おぼ)すゆゑ侍らむかし」〈更級

し‐か【然/×爾】

《指示代名詞「」+接尾語」から》
[副]そのように。さように。
「あいなかりける心くらべどもかな、我は―隔つる心もなかりき」〈・夕顔〉
「生あるもの、死の近き事を知らざる事、牛、既に―なり」〈徒然・九三〉
[感]肯定して相づちをうつときに用いる。そのとおり。そう。
「―、まことに侍り」〈落窪・三〉

ぜん【然】

[接尾]名詞に付いて、そのもののようなようすであるということを表す。「紳士とした人」

ぜん【然】[漢字項目]

[音]ゼン(漢) ネン(呉) [訓]しかり しかるに しかし しかも しか さ さる
学習漢字]4年
〈ゼン〉
ほかでもなく、そうなっている。そのとおり。しかり。「自然全然当然同然必然本然未然
他の語に付けて状態を表す語。「唖然(あぜん)隠然俄然(がぜん)愕然(がくぜん)毅然(きぜん)厳然公然忽然(こつぜん)渾然(こんぜん)燦然(さんぜん)釈然悄然(しょうぜん)騒然断然超然陶然突然漠然憤然平然猛然歴然
〈ネン〉に同じ。「寂然(じゃくねん)天然本然黙然
[名のり]のり
[難読]然様(さよう)然然(しかじか)徒然(つれづれ)

ねん【然】[漢字項目]

ぜん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さ【然】

( 副 )
前に示されていることを受けて、その事態を示す語。そう。そのように。 「 -思おぼしたり/源氏 桐壺」 〔平安時代以後にみられる語〕 → さこそさのみさだにさはさばかりさもさらで

ぜん【然】

( 接尾 )
名詞に付いて、いかにもそのようなさまの意を表す。 「学者-としている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

然の関連情報