コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何かしら ナニカシラ

デジタル大辞泉の解説

なにか‐しら【何かしら】

[副]《「なにかしらん」の音変化》
何かわからないあるものを示す。なにか。「行けば必ず何かしら得るものがある」
理由などがはっきりしないことを示す。どういうわけか。なぜか。
「苦しいままに、―気の遠くなるような快感を」〈志賀暗夜行路

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なにかしら【何かしら】

( 副 )
〔「何か知らん」の転〕
物事が特定出来ないさま。何か。 「 -言いたいことがあるだろう」
原因・理由がはっきりしないさま。どうしたわけか。 「 -物悲しい気分になる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何かしらの関連キーワードプロジェクトチーム支配権プレミアムモジュールスライダー言語教育学カミナリって

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何かしらの関連情報