煙樹ヶ浜(読み)エンジュガハマ

世界大百科事典 第2版の解説

えんじゅがはま【煙樹ヶ浜】

煙樹海岸ともいう。和歌山県南西部の日高川河口から日ノ御埼にかけての約5kmの砂浜海岸。先史時代には砂嘴(さし)をなし,その背後の潟湖が日高川,西川に埋積されて御坊平野ができたものである。徳川頼宣によって植林されたと伝える防風林が,白砂青松の美しい姿をなし,キャンプ地,海水浴場として,また病院,公園にも利用されている。海岸での地引網漁は最近すたれた。日ノ御埼,三尾(アメリカ村)とともに煙樹海岸県立自然公園に含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)


和歌山県西部、日高(ひだか)郡美浜(みはま)町の砂浜海岸。幅約500m、長さ約4km。背後には紀州(きしゅう)藩が防潮林として植えた広大な松原が続く。煙樹海岸とも。キャンプ場に利用され、三尾(みお)地区のアメリカ村や日ノ御埼(ひのみさき)とともに煙樹海岸県立自然公園に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煙樹ヶ浜
えんじゅがはま

和歌山県中西部、美浜(みはま)町の海岸。かつては小池荘(おいけのしょう)和田浦の海岸で和田松原とよばれていたが、昭和初期に画家の近藤浩一路(こういちろ)が煙樹ヶ浜と名づけたという。日高川河口から北へ約6キロメートル。幅500メートルの低い浜堤で、紀州藩が防潮林としてマツを植え、伐採を禁じ大松原となった。礫(れき)の浜で、海は深く水泳はできないが、キャンプ場になり、日ノ御埼(ひのみさき)やアメリカ村とともに煙樹海岸県立自然公園に含まれている。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android