コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤浩一路 こんどう こういちろ

百科事典マイペディアの解説

近藤浩一路【こんどうこういちろ】

日本画家。山梨県に生まれ,1910年東京美術学校西洋画科を卒業。初め文展に洋画を出品したが,やがて漫画やさし絵を始め,平福百穂小川芋銭らと知り合って日本画に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤浩一路 こんどう-こういちろ

1884-1962 大正-昭和時代の日本画家。
明治17年3月20日生まれ。大正4年読売新聞社にはいり,漫画や挿絵をえがく。10年日本美術院同人。関東大震災後は京都にすみ,水墨画に独自の画風をきずいた。昭和34年日展会員。昭和37年4月27日死去。78歳。山梨県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は浩。別号に土筆居,画虫斎。代表作に「鵜飼(うかい)六題」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤浩一路
こんどうこういちろ
(1884―1962)

日本画家。山梨県に生まれる。本名は浩(こう)。号は土筆居、また画蟲斎。1910年(明治43)東京美術学校西洋画科を卒業。初期文展に洋画を出品する一方、読売新聞社に入社して、政治漫画や社会風刺画を描く。その後日本画に転じ、19年(大正8)の第6回院展に『朝の日』『夕の日』『霧』の三部作を出品し、21年に日本美術院の同人に推された。翌年渡仏。31年(昭和6)にふたたび渡仏し、アンドレ・マルローと親交を結び、フランスで個展を行う。36年以降は院展を退き、個展を中心に作品を発表した。59年(昭和34)日展の会員となる。洋画から出発した彼は、伝統的な水墨画の世界に光の感覚を導入し、自然の微妙な変化を反映させた独自の画風を開いた。『鵜飼(うかい)六題』『京洛(けいらく)十題』や『渓(たに)の音』などの代表作がある。[玉蟲玲子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の近藤浩一路の言及

【藤田嗣治】より

…1905年東京美術学校西洋画科に入学。同級生に,後年,漫画家となる岡本一平や近藤浩一路(こういちろ)(1884‐1962)らがいた。卒業後,和田英作の壁画制作の助手をつとめるが,他方で文展にも出品,3年連続して落選する。…

【明治・大正時代美術】より

…再興の宣言に,〈自由の天地〉で〈吾ら自己の芸術〉をめざすとうたい,大正デモクラシーやヒューマニズムの流れの中で,少数精鋭の団結により,個性尊重の精神をみなぎらせる精進を重ねた。再興日本美術院は小林古径,前田青邨,富田渓仙(1879‐1936),中村岳陵,小川芋銭(うせん)(1868‐1938),北野恒富(1880‐1947),速水御舟,川端竜子,近藤浩一路(1884‐1962),郷倉千靱(せんじん)(1892‐1975),堅山南風(かたやまなんぷう)(1884‐1980)ら,数多くの個性的な日本画家を生み出し,大正から昭和にかけての日本画界を支える中核となった。なお院展洋画部からは,二科展に出品した関根正二とともに,日本の青春ともいうべき大正期の象徴的存在である村山槐多が出ている。…

※「近藤浩一路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤浩一路の関連キーワード近藤 浩一路茨木 杉風池田 永治九里 四郎館岡 栗山大谷碧雲居昭和時代館岡栗山鈴木三朝煙樹ヶ浜藤田嗣治茨木杉風

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤浩一路の関連情報