熊取町(読み)くまとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊取〔町〕
くまとり

大阪府南西部,泉南丘陵西部の町。 1951年町制。見出川と佐野川沿いの小沖積地を除き,町域の大部分が標高 50~150mほどの丘陵地。古代から開発され,ため池灌漑の代表的地域。米作のほか野菜栽培が行われる。泉州紡織工業地域にあり,特にタオルの生産が多く,敷布綿布なども生産。京都大学原子炉実験所がある。阪和自動車道が通り,隣市で関西空港自動車道に接続,周辺地域とともに宅地化が進んでいる。鎌倉時代建築様式を伝える来迎 (らいごう) 寺の本堂は重要文化財。面積 17.24km2。人口 4万4435(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊取町の関連情報