富田林(読み)トンダバヤシ

大辞林 第三版の解説

大阪府中南部の市。中世以降、真宗の興正寺を中心に発展。古社寺が多い。ガラス細工・簾を特産。近年は宅地化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

大阪府南東部の地名。永祿三年(一五六〇)一向宗興正寺の証秀上人が寺内町として開発。現在は大阪の近郊住宅都市として発展。竹工業、グラスボール製造工業、果樹・野菜栽培などが盛ん。昭和二五年(一九五〇)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富田林の関連情報