コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷岱蔵 くまがいたいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊谷岱蔵
くまがいたいぞう

[生]1880. 長崎
[没]1962.2.19. 仙台
内科学者。 1906年東京帝国大学医科大学卒業。 13年東北帝国大学医学専門部の教授となり,40年東北大学総長。 41年に同大学抗酸菌研究所を創設し,所長兼務。厚生省結核療法研究協議会委員長をつとめ,結核の化学療法の発展に尽した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くまがい‐たいぞう〔‐タイザウ〕【熊谷岱蔵】

[1880~1962]医学者。長野の生まれ。東北大学総長。日本における結核の予防と治療に貢献。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷岱蔵 くまがい-たいぞう

1880-1962 明治-昭和時代の医学者。
明治13年7月19日生まれ。大正2年東北帝大教授,昭和15年総長となり,16年付属抗酸菌病研究所初代所長を兼任。結核の病理学的研究とBCG普及,化学療法などの確立につくした。27年文化勲章。昭和37年2月19日死去。81歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「人工気胸療法」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くまがいたいぞう【熊谷岱蔵】

1880‐1962(明治13‐昭和37)
大正・昭和期の医学者。結核の臨床的研究・予防につとめた。長野県生れ。東京帝大医科大学卒。青山胤通(あおやまたねみち)に師事,アメリカ,ついでドイツに留学し内科学,医化学免疫学を研究。1913年帰国し,東北帝大医学専門部教授となり,同校昇格に伴い,15年東北帝大教授。同大学付属病院長,東北大学総長などを歴任し,41年付属抗酸菌病研究所を創設し初代所長となった。結核の治療と予防について日本における指導的な立場にあり,その水準を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くまがいたいぞう【熊谷岱蔵】

1880~1962) 医学者。長野県生まれ。東大卒。東北大学教授・総長。結核の病理学的研究、またその予防に尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷岱蔵
くまがいたいぞう
(1880―1962)

医学者。長野県生まれ。東京帝国大学医科大学を卒業(1906)、ついで内科学教室で青山胤通(たねみち)に師事した。1908年(明治41)からアメリカとドイツに留学、1913年帰国し、東北帝国大学医学専門部教授となり、1915年同大学医科大学教授。1940年(昭和15)東北帝国大学総長に選任され、1941年同大学抗酸菌研究所を創設してその初代所長となった。結核菌の研究、ひいてはその治療と予防に指導的役割を果たし、アイナー、ストマイ、パスの三つの薬を使う、いわゆる結核の三者療法を提唱、その治療効果を臨床的・病理組織的に研究した。インスリンの抽出の研究もある。1952年(昭和27)文化勲章を受章。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熊谷岱蔵の関連キーワード昭和時代青山徹蔵高橋 実熊谷尽力

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android