コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山東熊 かたやまとうくま

7件 の用語解説(片山東熊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片山東熊
かたやまとうくま

[生]嘉永6(1853).萩
[没]1917. 東京
建築家。工部大学校 (→工学寮 ) 造家学科第1回卒業生 (1879) 。 1881年に有栖川宮邸建築掛になり,それ以後,宮内省にあって多くの宮廷建築を設計。主要作品に奈良国立博物館本館 (1894) ,京都国立博物館特別展示館 (1895) ,赤坂離宮 (1909,現迎賓館) ,東京国立博物館表慶館 (1909) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かたやま‐とうくま【片山東熊】

[1853~1917]建築家。山口の生まれ。ネオルネサンスネオバロック様式を得意とし、作品に奈良京都東京国立博物館や旧赤坂離宮などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山東熊 かたやま-とうくま

1855*-1917 明治-大正時代の建築家。
安政元年12月20日生まれ。工部省などをへて明治19年宮内省に転じ,皇室関係の建築にかかわる。代表作は東宮御所(のちの赤坂離宮,現迎賓館)。ほかに奈良帝室博物館,京都帝室博物館など。大正6年10月23日死去。64歳。長門(ながと)(山口県)出身。工部大学校(現東大工学部)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

片山東熊

没年:大正6.10.23(1917)
生年:嘉永6.12.20(1854.1.18)
明治大正期の建築家。誕生日は19日とも。長門国(山口県)萩生まれ。父文左,母ハル。慶応3(1867)年奇兵隊に入隊し,翌年戊辰戦争に従軍。維新後進路を模索するが,明治6(1873)年工学寮に第1期生として入学,造家学を専攻。12年第1等の成績で卒業,工部省,太政官,外務省を経て19年皇居御造営事務局に転任,20年宮内省匠師となり,以後宮廷建築家への道を歩む。早くから山県有朋の知遇を得ており,宮内省への転出も山県の口利きによる。20~30年代には多くの離宮,皇族邸館のほか日本赤十字社,帝国奈良・京都両博物館などを設計。建物の性格にふさわしい穏和な作風をみせる。31年東宮御所(現迎賓館赤坂離宮)御造営事務局技監に任じられ,西洋諸国に遜色ない宮殿を目指す国家事業を一身に担う。37年内匠頭に昇進し,宮内省営繕の頂点に立つ。41年東宮御所竣工。こののち東京帝室博物館の表慶館,竹田宮邸,神奈川県庁舎などを設計。いずれもフランス17世紀建築の典雅さをよく日本に移植しえている。大正3(1914)年桃山御陵を造営し,4年退官。5年に勲1等旭日大綬章を受ける。これは近代日本の建築家の得た最高の勲等であった。<参考文献>小野木重勝「様式の礎」(『日本の建築[明治・大正・昭和]』2巻)

(石田潤一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまとうくま【片山東熊】

1854‐1917(安政1‐大正6)
建築家。長門国(山口県)萩に生まれる。奇兵隊士となり戊辰(ぼしん)戦争に従軍。1879年工部大学校(現,東京大学)造家学科を第1回生として卒業,工部省技手等を経て86年以降宮内省に出仕し,のち内匠頭の地位につき,明治天皇の陵墓設営に至るまで宮廷建築家として一生を終えた。作品には帝国奈良博物館(1894),帝国京都博物館(1895),赤坂離宮(1906。現,迎賓館),表慶館(1909)などがあり,西欧宮殿のさまざまな様式を移植したが,彼自身はフランス・ルネサンス様式を好んだといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かたやまとうくま【片山東熊】

1854~1917) 建築家。萩の人。工部大学校卒。多くの宮廷建築を手がける。代表作に赤坂離宮・奈良博物館・京都博物館などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片山東熊
かたやまとうくま
(1853―1917)

明治の建築家。山口県萩(はぎ)市出身。1879年(明治12)工部大学校造家学科卒業。辰野(たつの)金吾、曽禰(そね)達蔵、佐立七次郎とともに第1回卒業生。卒業後工部省技手となり、1881年コンドル設計の有栖川(ありすがわ)邸の建築掛となる。以後多くの宮廷建築を手がけ、1898年東宮御所造営技監となり、赤坂離宮(迎賓館)の造営にあたった。ネオ・ルネサンス、ネオ・バロック様式を基調にした様式建築を得意にし、日赤病院、東京郵便電信局、奈良国立博物館、京都国立博物館、東京国立博物館表慶館、神奈川県庁舎などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の片山東熊の言及

【赤坂離宮】より

…初の本格的な洋風宮殿建築として慎重に先進国に範がとられ,建築石材や家具調度類は最高級品が輸入された。建設を統括したのは宮内省技師片山東熊で,調査調達のための渡航4回,室内装飾には今泉雄作,浅井忠,黒田清輝等当時一流の美術家が動員された。建築様式は権威を誇示するために当時ヨーロッパで流行していたネオ・バロックが採られ,室内はフランス18世紀末様式が基調とされた。…

【東京国立博物館】より

…平常陳列のほか,年に数回特別展を開催している。なお表慶館は片山東熊の設計になり,1908年竣工,重要文化財に指定されている。【原田 実】。…

※「片山東熊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片山東熊の関連キーワード天皇誕生日明治節山田守御誕生日席伊藤滋岩元禄中村鎮前田健二郎増沢洵安井武雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片山東熊の関連情報