コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片貝川 カタカイガワ

2件 の用語解説(片貝川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かたかい‐がわ〔かたかひがは〕【片貝川】

富山県東部を流れる川。毛勝(けかち)山(標高2414メートル)西斜面に源を発し、魚津市と黒部市の境で布施(ふせ)川を合流して富山湾に注ぐ。2000メートルを超える山から長さ27キロで海に流れ出る急勾配(こうばい)のため、わが国屈指の急流河川となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片貝川
かたかいかわ

富山県東部、立山連峰の北に続く毛勝(けかち)三山の猫又(ねこまた)山、釜谷(かまたに)山、毛勝山の西斜面に源を発し、魚津(うおづ)市域の東部山地を流れ、扇状地を形成し、河口近くで布施(ふせ)川を合流して富山湾に注ぐ。延長27キロメートルの中流河川であるが、平均河床勾配(こうばい)1000分の65とわが国屈指の急流河川。片貝川に発電所7、総発電量は最大5.2万キロワット。『万葉集』にみえ、大伴家持(おおとものやかもち)は「片貝の川の瀬清く行く水の……」と詠んでいる。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片貝川の関連キーワード姉川磐井川小矢部川黒部川鮭川ダモダル川ニジェール川斐伊川鏡川竹田川

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片貝川の関連情報