コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛に対して琴を弾ず ウシニタイシテコトヲダンズ

デジタル大辞泉の解説

牛(うし)に対(たい)して琴(こと)を弾(だん)ず

中国(ろ)の公明儀がの前でを弾じ、名曲を聞かせたが、牛は知らぬ顔で草を食っていたという「祖庭事苑」にある故事から》の低い者や愚かな者に高尚な道理を説いてもわからないことのたとえ。牛に琴を聞かすよう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしにたいしてことをだんず【牛に対して琴を弾ず】

〔祖庭事苑〕
いくら高尚なことを説いて聞かせても、愚かな者にはなんの役にも立たないことのたとえ。馬の耳に念仏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛に対して琴を弾ず
うしにたいしてことをだんず

どのように説き聞かせても効果のないことのたとえ。中国宋(そう)の善郷(ぜんきょう)が撰(せん)した字典『祖庭事苑(そていじえん)』に、魯(ろ)の賢人公明儀がウシの前で琴を弾じ、『清角(せいかく)の操』という名曲を聞かせたが、ウシは知らん顔をして草をはんでいた。ところがカやアブの羽音や子ウシの鳴き声をまねると尾を振って歩き出し、耳をそばだてたりした、とある故事によることばで、志の低い愚人に対して、いかに高尚なことを説き聞かせても、なんの役にもたたないことをいう。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牛に対して琴を弾ずの関連キーワード念仏