コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛に対して琴を弾ず ウシニタイシテコトヲダンズ

3件 の用語解説(牛に対して琴を弾ずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

牛(うし)に対(たい)して琴(こと)を弾(だん)ず

《中国、魯(ろ)の公明儀が牛の前で琴を弾じ、名曲を聞かせたが、牛は知らぬ顔で草を食っていたという「祖庭事苑」にある故事から》志の低い者や愚かな者に高尚な道理を説いてもわからないことのたとえ。牛に琴を聞かすよう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うしにたいしてことをだんず【牛に対して琴を弾ず】

〔祖庭事苑〕
いくら高尚なことを説いて聞かせても、愚かな者にはなんの役にも立たないことのたとえ。馬の耳に念仏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛に対して琴を弾ず
うしにたいしてことをだんず

どのように説き聞かせても効果のないことのたとえ。中国宋(そう)の善郷(ぜんきょう)が撰(せん)した字典『祖庭事苑(そていじえん)』に、魯(ろ)の賢人公明儀がウシの前で琴を弾じ、『清角(せいかく)の操』という名曲を聞かせたが、ウシは知らん顔をして草をはんでいた。ところがカやアブの羽音や子ウシの鳴き声をまねると尾を振って歩き出し、耳をそばだてたりした、とある故事によることばで、志の低い愚人に対して、いかに高尚なことを説き聞かせても、なんの役にもたたないことをいう。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛に対して琴を弾ずの関連キーワード猗頓牛の角文字琴師爪音露・魯濾・炉・爐・賂・路・露・髏・魯弦誦子有絶弦曽参

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone