コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛頭馬頭 ゴズメズ

デジタル大辞泉の解説

ごず‐めず〔ゴヅメヅ〕【牛頭馬頭】

頭が牛や馬で、からだは人の形をした地獄の獄卒。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごずめず【牛頭馬頭 niú tóu mǎ tóu】

牛頭は,梵語gośīrṣa,馬頭はaśvaśīrṣaの漢訳語。地獄にいる牛頭人身,馬頭人身の獄卒をいう。牛頭馬面ということも多い。手に鉄叉を持って罪人を突いたり焼いたりする最下級の冥卒である。また地獄に落ちて,牛あるいは馬の頭の形をしている罪人をいうとする文献(《阿毘曇論》第八)もある。牛頭天王【稲畑 耕一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごずめず【牛頭馬頭】

〘仏〙 牛の頭をした鬼と馬の頭をした鬼。地獄の獄卒という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛頭馬頭の関連情報