一際(読み)ひときわ

精選版 日本国語大辞典「一際」の解説

ひと‐きわ ‥きは【一際】

〘名〙
① 身分、地位などのつの段階。また、ある一つの身分。
源氏(1001‐14頃)薄雲「大納言になりて右大将かけ給へるを、いまひときわあがりなむに何事もゆづりてむ」
② 細かい差別をしないで一方的にひとまとめに扱うさま。いちがい。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「世中はいとつねなき物を、ひときはに思ひさだめて、はしたなくつききりなる事なのたまひそよ」
③ 一時。あるとき。一度。
※大鏡(12C前)五「いかづちはいかなるぞ、ととふに、ひときははいとたかくなれど、のちとげのなきなり」
④ (多く詞的に用いる) いよいよはっきりとするさま。きわだってその状況になるさま。一段。
※源氏(1001‐14頃)帚木「心にまかせて、ひときは目驚かして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一際」の解説

ひと‐きわ〔‐きは〕【一際】

[副]
他と比べて特に目立っているさま。一段と。「一際高くそびえる山」「一際声が大きい」
区別せず、ひとまとめに扱うさま。
「世の中はいと常なきものを―に思ひ定めて」〈・若菜下〉
[名]
身分や地位などの一つの段階。
「身の数ならぬ―に」〈・若菜下〉
あるとき。一時。
「(雷ハ)―はいと高くなれど、後遂げのなきなり」〈大鏡・道長上〉
[類語]特に殊にとりわけ別段なかんずく特別ことさら殊の外中でも分けても折り入ってわざわざせっかく格別格段特段特殊特異別にこれと言うスペシャルましてなおさらいわんやさらに余計一層もっとますますいよいよよりも少しもう少しずっとなお一段いやが上に数段段違い層一層しのぐもそっと今少しぐんとぐっとうんとだいぶ余程遥かひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるいや増すなお且つかてて加えてそれどころそればかりかしかのみならずのみならず加うるにおまけにまた且つまた且つこの上その上しかもさてはさなきだに

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android