コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特に トクニ

デジタル大辞泉の解説

とく‐に【特に】

[副]普通と違って際立っているさま。他からはっきりと区別されるさま。特別。とりわけ。格別。「この夏は特に暑かった」「大ぜいの中から特に彼を選んだ」「特に用事はない」
[用法]特に・殊(こと)に――「今年の夏は特に(に)暑かった」など、取り立てていうでは相通じて用いられる。◇「特に」は、「大事なレコードだけど、特にあなたにだけ貸してあげる」のように、他と区別して特別に扱う意であり、この場合「殊に」は用いない。◇「殊に」は「小さい子供は活発なものだが、殊にこの子はよく動く」のように物事の程度が他と比べて一段と高い、という意で用いられる。◇類似の語に「とりわけ」があるが、全般にそうだが中でも、という意で「特に」「殊に」と同じように使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくに【特に】

( 副 )
それだけをとりたてていうさま。とりわけ。特別に。 「 -入念に仕上げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特にの関連情報