態態(読み)わざわざ

精選版 日本国語大辞典「態態」の解説

わざ‐わざ【態態】

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ついでにするのではなく、ただその事のためにだけ行なうさまを表わす語。
※日蓮遺文‐法華証明鈔(1282)「宝浄世界の多宝仏、わざわざと行幸ならせ給て」
② しなくてもいいのに故意にするさまを表わす語。わざと。
※玉塵抄(1563)二二「得々はわざわざとよむぞ。いんだ者が又わさわさはるばるこうもそれまでこちえはいやとは云まい」
※虎寛本狂言・水掛聟(室町末‐近世初)「こなたはなぜにわざわざ水を掛させられた」

わざわざ‐し【態態】

〘形シク〙
① わざとらしく見える。ことさらに構えた様子である。
蜻蛉(974頃)中「何か、さわざわざしう、かまへ給はずともありなん」
② 話し方が悪い。
※名語記(1275)四「ものいひあしく、くちわろき人をわさわさしといへるわさ如何。これは和讒をいへる也」
わざわざし‐げ
〘形動〙
わざわざし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「態態」の解説

わざ‐わざ【態】

[副]
他のことのついでではなく、特にそのためだけに行うさま。特にそのために。「態態出掛けなくても電話で済むことだ」
しなくてもよいことをことさらするさま。故意に。「御親切にも態態忠告に来る人がいる」
折角せっかく[用法]
[類語]故意わざと作意作為意識的意図的計画的作為的未必の故意積極的能動的自発的好んでわざとらしいこと新しいあえてせっかく特に殊にとりわけ別段なかんずく特別ことさら殊の外ひときわ中でも分けても折り入って格別格段特段特殊特異別にこれと言うスペシャル奮って主体的意欲的精力的自主的活動的進取前向き強いてたって乗り気求めて進んで我勝ち我先我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android