コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂人日記 きょうじんにっきZapiski sumasshedshego

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂人日記
きょうじんにっき
Zapiski sumasshedshego

ロシアの作家 N.ゴーゴリの日記体の小説。 1834年執筆。 35年文集『アラベスキ』 Arabeskiに発表。下級官吏で九等官ポプリシチンは自分の上役である局長に私淑し,心ひそかに局長の令嬢を恋しているが,令嬢と侍従武官の縁談がまとまって,過酷な現実に直面したとき,狂気の世界に入っていく。彼は自分が九等官ではなくて,スペインの国王だと空想することで,現実の屈辱感を克服しようとする。主人公の手記という形で,官僚社会を痛烈に風刺するとともに,狂気と錯乱の世界にしか生きられない下層役人の悲惨さを鋭く摘発した傑作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうじんにっき〔キヤウジンニツキ〕【狂人日記】

《原題、〈ロシア〉Zapiski sumashedshawoゴーゴリ短編小説。下級官僚が次第に心を病み、ついにはスペイン王であることを主張するさまが日記形式でつづられる。
魯迅の短編小説。1918年「新青年」に発表。周囲の人間に食われるのではないかと妄想する男が書いた日記の形をとる。
色川武大長編小説。幻聴や幻視に悩まされる主人公の孤独を描く。昭和63年(1988)刊行。同年、第40回読売文学賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじんにっき【狂人日記】

中国、近代の短編小説。魯迅ろじんの処女作。1918年作。ゴーゴリの同名小説にヒントを得て、狂人の手記の形式で家族制度と儒教思想を批判したもの。中国近代文学の先駆的作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂人日記
きょうじんにっき

中国の作家、魯迅(ろじん/ルーシュン)の小説。1918年5月『新青年』に掲載され、のち『吶喊(とっかん)』(1923)に収められた。周囲の人間が自分を食おうとしているという被害妄想をもった患者の日記の形を通じて、中国の旧社会、儒教道徳の非人間性、それを否定する者をも飲み込む歴史の重みの認識を込め、それらすべてを突き崩す願いを「子供を救え」の叫びに凝縮させた作品。中国近代文学最初の作品とされる。[丸山 昇]
『竹内好訳『阿Q正伝・狂人日記』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂人日記の関連情報