コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍従武官 ジジュウブカン

3件 の用語解説(侍従武官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じじゅう‐ぶかん〔‐ブクワン〕【侍従武官】

第二次大戦前、天皇に近侍して、編制・統帥など軍事に関する大権の執行を補佐した陸海軍の将校。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じじゅうぶかん【侍従武官】

戦前、天皇に常侍し、軍事に関する奏上・奏答などに当たり、謁見などに陪侍した陸海軍軍人。1896年(明治29)設置、1945年(昭和20)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

侍従武官
じじゅうぶかん

戦前期日本において侍従武官府に勤務する武官の呼称。侍従武官長および侍従武官によって構成される侍従武官府は、陸軍から中・少将、佐官および大尉の5人、海軍からは同じく3人を定員としていた。陸海軍大・中将から親補される侍従武官長は、常時天皇の側近にあって軍事関係事項の奏上、奉答命令の伝達などの役割を担った。また、演習、観兵、行幸、宴会、謁見にはかならず陪侍した。とくに重要なのは、軍部が保持する帷幄(いあく)上奏権行使の際、上奏あるいは天皇の裁可のいずれも侍従武官長から伝達されたことである。上奏受理の可否、伝達内容につき侍従武官長の判断の余地も残されており、その地位は重要であった。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の侍従武官の言及

【侍従】より

…71年に侍従長が設置されてその職掌は常侍規諫兼ねて侍従を監することと定められ,84年侍従職が設置され,侍従長は勅任官,侍従は奏任官となった。なお,96年に侍従武官の制が定められ,軍事に関する奏上・奉答および命令の伝達等に任じたが,この制度は1945年に廃止された。 現在は,総理府宮内庁の職員として侍従長,侍従次長,侍従があり,また皇太子に近侍する東宮侍従長,侍従がある。…

※「侍従武官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

侍従武官の関連キーワード総同盟特殊銀行アバンゲール外地戦前戦前派中国残留日本人孤児・婦人戦前の陪審裁判渡部徹総連合(戦前)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

侍従武官の関連情報