色川武大(読み)イロカワタケヒロ

デジタル大辞泉の解説

いろかわ‐たけひろ〔いろかは‐〕【色川武大】

[1929~1989]小説家。東京の生まれ。阿佐田(あさだ)哲也のペンネームで麻雀小説を執筆。その後、本名で発表した「離婚」で直木賞受賞。純文学と娯楽文学の両方を手がけて「戦後無頼派」と評された。他に「怪しい来客簿」「」「狂人日記」など。いろかわぶだい。

いろかわ‐ぶだい〔いろかは‐〕【色川武大】

いろかわたけひろ(色川武大)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

色川武大 いろかわ-たけひろ

1929-1989 昭和時代後期の小説家。
昭和4年3月28日生まれ。転職をかさねながら無頼の日々をおくる。昭和36年「黒い布」で文壇にデビュー。52年「怪しい来客簿」で泉鏡花文学賞,53年「離婚」で直木賞,平成元年「狂人日記」で読売文学賞。また阿佐田哲也の筆名で「麻雀(マージヤン)放浪記」などのギャンブル小説をかいた。平成元年4月10日死去。60歳。東京出身。
格言など】勝負の世界に生き抜くには,自分のスタイルを保持しなければならない

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろかわたけひろ【色川武大】

1929~1989) 小説家。東京生まれ。旧制府立三中を中退。阿佐田哲也の筆名で「麻雀放浪記」等のギャンブル小説を書く。本名では「離婚」「百」などを著す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色川武大の関連情報