コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献茶 ケンチャ

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゃ【献茶】

献茶は抹茶を点(た)てて神仏に供えることであるが,神前を献茶,仏前を供茶(くうちや)と区別されている。したがって献茶は神殿で濃茶(こいちや)・薄茶(うすちや)2碗の茶を点じて供える儀式をいう。ただ茶の湯は本来〈仏に供え人にも施し我ものむ〉(《南方録》)とするのが基本的な思想であるから,献茶は貴人高位に茶を勧める心持ちでなされる。各神社における献茶行事はむしろ明治以降に盛行をみるようになった。それは崇神の表現であるとともに実行者の権威の誇示ともなり,参集した人びとは拝服席で茶を喫する年中行事となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんちゃ【献茶】

( 名 ) スル
神仏に茶を献ずること。また、その茶。貴人に茶をたてることにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

献茶
けんちゃ

茶を献じることで、これには二つの考え方がある。江戸時代までは貴人に茶を献じることを称して献茶といった。それは815年(弘仁6)に近江(おうみ)韓崎(からさき)(滋賀県大津市)梵釈寺(ぼんしゃくじ)で大僧都(だいそうず)永忠が行幸中の嵯峨(さが)天皇に茶を献じたことに発している(『日本後紀(こうき)』)。その後、1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉が、関白拝命の祝賀の意を込めて禁中において茶会を催し、正親町(おおぎまち)天皇に茶を献じたことをもって献茶の意が確立した。しかし明治以後にあっては、家元宗匠が神社や寺院に茶を奉じることをもって献茶と称するようになった。現在では、神前での奉仕を「献茶」、仏前への奉仕を「供茶」といって区別する場合もある。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

献茶の関連情報