コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉佩 ギョクハイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐はい【玉×佩】

礼服(らいふく)の付属具の一。上代から近世にかけて、即位大嘗会(だいじょうえ)・朝賀儀式に、天皇はじめ三位以上の臣下が腰に帯びた装身具。5色の玉を貫いた5本の組糸金銅花形の金具につないで足先に垂らし、(くつ)先にあたって鳴るようにしたもの。(お)び物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくはい【玉佩】

即位・大嘗会だいじようえなどの儀式の際に、礼服につけた飾り。五色の玉を貫いた組糸五本を金銅の花形につないで胸から足先に垂らし、歩くと沓くつ先に当たって音をたてる。天皇は左右に二本、臣下は右に一本下げる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉佩の関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配梅辻秋漁佩物・珮佩び物組綬礼服五色

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android