コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜産学 ちくさんがく animal science; zoo technical science

4件 の用語解説(畜産学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畜産学
ちくさんがく
animal science; zoo technical science

農学の一分科で,畜産業の合理化について研究する応用科学。畜産学を構成する学問領域としては,家畜の飼料生産に関する飼料学,飼料作物学,草地学など,家畜の生産性向上をはかる家畜育種学,家畜繁殖学,家畜飼養学,家畜管理学など,生産物の保蔵,利用に関する畜産物品質学,利用学,保蔵学などがあり,さらに畜産経営や経済にかかわる諸問題を考究する畜産経営学,畜産経済学などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくさん‐がく【畜産学】

農学の一分野。畜産の改良・発展をはかる学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちくさんがく【畜産学 zootechnical science】

畜産技術の基礎となる学理を研究する諸学問を広く包括する総合学であって,農学の一分野である。古くは家畜の飼育は農民の経験をふまえた慣行により行われていたが,19世紀後半からは家畜頭数が増えて畜産が専業化するとともに,その事態に対応するための技術が要請されることとなり,畜産に関する学理が集積され体系化された。したがって畜産学を構成する学問としては,(1)基礎学としての家畜生物学(解剖学,生理学,遺伝学,栄養学,心理学,行動学,生態学など),(2)応用学としての家畜生産学(育種学,繁殖学,飼養学,管理学など),(3)畜産業の基盤としての飼料生産学(飼料学,飼料作物学,草地学など),(4)畜産物の保蔵・加工のための畜産物利用学(畜産物品質学,畜産物保蔵学,畜産物加工学など),(5)社会科学の面から畜産経営学,などの諸学が含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畜産学
ちくさんがく
zootechnical science

畜産業の発達を背景として体系づけられた応用科学の一つ。19世紀後半に、全産業が自給体制から商品生産の段階へ移行するとき、畜産でも、旧来の農民の経験に基づく創意工夫による域を脱して、近代科学の導入が試みられた。それは、メンデルの法則の再発見に刺激された遺伝学を家畜の品種改良に応用した家畜育種学、物理・化学の発達に基礎を置いた家畜栄養・飼養学および畜産物加工・利用学などであった。これら諸科学によって畜産学としての体系が確立したのは1920年代である。現在、畜産学はこれらの自然科学の分野のみならず、畜産経営に関係のある諸学を包括した高度の複合科学としてとらえられている。
 畜産学は、健康な家畜を対象とし、(1)家畜の生物学的な面を研究する家畜解剖学、家畜生理学、動物遺伝学、内分泌学、家畜生態学、家畜心理学、(2)以上の基礎学を応用して家畜の生産向上を図る家畜育種学、家畜繁殖学、家畜飼養学、家畜管理学、(3)家畜の飼料生産のための飼料学、飼料作物学、草地学、(4)家畜の生産物の加工・製造のための畜産物利用学、(5)畜産経営と畜産物の流通に関する畜産経営学、によって構成されている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畜産学の関連キーワードイコノグラフィー基礎医学土木工学画学禅学内明冶金学量子物理学JASCA簿記学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畜産学の関連情報