コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉穂 たまほ

2件 の用語解説(玉穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉穂
たまほ

山梨県中部,中央市北部の旧町域。甲府盆地釜無川笛吹川に挟まれた沖積地にある。 1955年稲積村と三町村が合体し玉穂村が成立。 1985年町制。 2006年田富町,豊富村と合体して中央市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉穂
たまほ

山梨県中部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧町名(玉穂町(ちょう))。現在は中央(ちゅうおう)市の北東部を占める一地区。1955年(昭和30)稲積(いなづみ)、三町(さんちょう)の2村が合併改称。1985年町制施行。2006年(平成18)玉穂町は田富(たとみ)町、東八代(ひがしやつしろ)郡豊富(とよとみ)村と合併し市制施行、中央市となった。旧町域は甲府盆地の中央部に位置し、かつては肥沃(ひよく)な水田地帯であったが、最近は甲府に近い関係で住宅、工場が進出し、甲府の近郊地域化しつつある。とくに1980年国立山梨医科大学(現、山梨大学医学部)が当地に開校してからはその傾向が強く、人口の増加も著しい。また、北東部は国母(こくぼ)工業団地の一部となっている。JR身延(みのぶ)線が西部を縦貫し、小井川(こいかわ)駅がある。国指定重要文化財に、永源寺の聖観音(しょうかんのん)立像、歓盛院の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)がある。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉穂の関連キーワード山梨県中央市浅利山梨県中央市大鳥居山梨県中央市木原田富〈町〉玉穂〈町〉山梨県中央市山梨県中央市成島山梨県中央市布施山梨県中央市馬籠山梨県中央市若宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉穂の関連情報