コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉穂 たまほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉穂
たまほ

山梨県中部,中央市北部の旧町域。甲府盆地釜無川笛吹川に挟まれた沖積地にある。 1955年稲積村と三町村が合体し玉穂村が成立。 1985年町制。 2006年田富町,豊富村と合体して中央市となった。稲の豊かな実りを願って地名がつけられた。肥沃な水田地帯にあり,野菜の施設園芸や畜産も行なわれる。隣接する甲府市,昭和町にまたがる国母工業団地が造成されるなど都市化が進んでいる。国の重要文化財の木造聖観音立像を所蔵する永源寺,同じく国の重要文化財である木造薬師如来像を所蔵する歓盛院がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉穂
たまほ

山梨県中部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧町名(玉穂町(ちょう))。現在は中央(ちゅうおう)市の北東部を占める一地区。1955年(昭和30)稲積(いなづみ)、三町(さんちょう)の2村が合併改称。1985年町制施行。2006年(平成18)玉穂町は田富(たとみ)町、東八代(ひがしやつしろ)郡豊富(とよとみ)村と合併し市制施行、中央市となった。旧町域は甲府盆地の中央部に位置し、かつては肥沃(ひよく)な水田地帯であったが、最近は甲府に近い関係で住宅、工場が進出し、甲府の近郊地域化しつつある。とくに1980年国立山梨医科大学(現、山梨大学医学部)が当地に開校してからはその傾向が強く、人口の増加も著しい。また、北東部は国母(こくぼ)工業団地の一部となっている。JR身延(みのぶ)線が西部を縦貫し、小井川(こいかわ)駅がある。国指定重要文化財に、永源寺の聖観音(しょうかんのん)立像、歓盛院の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)がある。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

玉穂の関連キーワード中央市立図書館御殿場(市)御殿場[市]山梨県中央市中央[市]中央(市)横田忠夫御殿場市継体天皇花筐磐余

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉穂の関連情報