コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田富 たとみ

2件 の用語解説(田富の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田富
たとみ

山梨県中部,中央市北西部の旧町域。甲府盆地南西部,釜無川笛吹川に挟まれた沖積地にある。 1968年町制。 2006年玉穂町,豊富村と合体して中央市となった。地名は豊かな田の実りを願って命名された田富小学校の校名にちなむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田富
たとみ

山梨県中部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧町名(田富町(ちょう))。現在は中央(ちゅうおう)市の西部を占める一地区。甲府盆地の中央部に位置する。1941年(昭和16)小井川(こいかわ)、花輪、忍(しのぶ)の3村が合併して田富村と改称、1968年(昭和43)町制施行。2006年(平成18)田富町は中巨摩郡玉穂(たまほ)町、東八代(ひがしやつしろ)郡豊富(とよとみ)村と合併して市制施行、中央市となった。旧町域は釜無(かまなし)・笛吹(ふえふき)川の合流点に近く、両川に挟まれた沖積地で、かつては盆地内でも肥沃(ひよく)な水田地帯であった。甲府に近く、JR身延(みのぶ)線が通って交通の便がよいため、住宅や工場の進出が著しく、甲府市の近郊町村の一つになっていた。農業は施設園芸が盛んとなり、キュウリをはじめ各種野菜が出荷されている。[横田忠夫]
『『田富町誌』(1981・田富町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田富の関連キーワード山梨県中央市浅利山梨県中央市今福山梨県中央市大鳥居山梨県中央市乙黒山梨県中央市木原山梨県中央市高部山梨県中央市成島山梨県中央市布施山梨県中央市馬籠山梨県中央市若宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田富の関連情報