コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田富 たとみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田富
たとみ

山梨県中部,中央市北西部の旧町域。甲府盆地南西部,釜無川笛吹川に挟まれた沖積地にある。 1968年町制。 2006年玉穂町,豊富村と合体して中央市となった。地名は豊かな田の実りを願って命名された田富小学校の校名にちなむ。肥沃な水田地帯にあり,トマトなどの野菜の施設園芸も発達。甲府市の衛星都市的性格が強く,通勤する兼業農家が多い。中小工場の進出も目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田富
たとみ

山梨県中部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧町名(田富町(ちょう))。現在は中央(ちゅうおう)市の西部を占める一地区。甲府盆地の中央部に位置する。1941年(昭和16)小井川(こいかわ)、花輪、忍(しのぶ)の3村が合併して田富村と改称、1968年(昭和43)町制施行。2006年(平成18)田富町は中巨摩郡玉穂(たまほ)町、東八代(ひがしやつしろ)郡豊富(とよとみ)村と合併して市制施行、中央市となった。旧町域は釜無(かまなし)・笛吹(ふえふき)川の合流点に近く、両川に挟まれた沖積地で、かつては盆地内でも肥沃(ひよく)な水田地帯であった。甲府に近く、JR身延(みのぶ)線が通って交通の便がよいため、住宅や工場の進出が著しく、甲府市の近郊町村の一つになっていた。農業は施設園芸が盛んとなり、キュウリをはじめ各種野菜が出荷されている。[横田忠夫]
『『田富町誌』(1981・田富町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田富の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)特定独立行政法人等の労働関係に関する法律神奈川県横浜市都筑区北山田福島県石川郡浅川町袖山公共企業体等労働関係法日本の医学史(年表)日本科学史(年表)ベッドタイムアイズ中央市立図書館日本住血吸虫症山梨県中央市内藤清右衛門宇宙の法則七夕池古墳甲府[市]中央(市)中央[市]続姿三四郎女殺油地獄夜の女たち

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田富の関連情報