コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜無川 かまなしがわ

7件 の用語解説(釜無川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜無川
かまなしがわ

山梨県北西部を流れる川で,富士川の上流。全長 68km。赤石山脈の北端部に発し,釜無山の東麓を北流。山梨・長野県境をなして南東に向きを変え,西の赤石山脈,東の秩父山地の間を流れて,韮崎市で甲府盆地に入る。盆地西部を流れ,南西端付近で笛吹川と合流して富士川となる。赤石山脈前山の巨摩山地から多くの支流が流入するが,いずれも急流で大量の砂礫を運ぶために荒れ川となり,甲府盆地にたびたび洪水の被害をもたらした。早くから治水に力が注がれたが,特に御勅使 (みだい) 川との合流点付近に築かれた信玄堤は有名で,広い氾濫原が水田となった。流域の発電,灌漑に大きな役割を果す。近世は韮崎まで舟運があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かまなし‐がわ〔‐がは〕【釜無川】

山梨県西部を南流する川。赤石山脈の鋸山付近に源を発し、富士川町市川三郷町の境界部で笛吹川と合流、富士川となる。長さ約64キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

釜無川【かまなしがわ】

山梨県西部の川。長さ68km。赤石山脈北端に発し山脈断層崖沿いに南流,甲府盆地で御勅使(みだい)川と塩川を合わせ,笛吹川と合して富士川となる。小淵沢〜韮崎(にらさき)の左岸には八ヶ岳泥流の台地が七里ヶ岩と呼ぶ数十mの絶壁をなす。
→関連項目市川大門[町]櫛形[町]白根[町]田富[町]韮崎[市]白州[町]富士川山梨[県]竜王[町]若草[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまなしがわ【釜無川】

山梨県西部の川。富士川上流部の呼称で,笛吹川との合流点までを指す。全長64km,流域面積1078km2。山梨・長野県境の駒ヶ岳(甲斐駒ヶ岳)西方の鋸岳(2607m)に源を発し,甲信の境を北流したのち流路を南東に変え,八ヶ岳すそ野の断層線に沿って流れ,大武川,小武川,塩川,御勅使(みだい)川を合流する。中巨摩郡竜王町で甲府盆地に出て盆地西部を南流し,西八代郡市川大門町で笛吹川と合流する。支流はいずれも標高2000m以上の山を源とするため平均河床こう配は1/5~1/8と急峻である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かまなしがわ【釜無川】

赤石山脈北部の鋸山に発し、山梨県西部を南流する川。富士川の一支流。長さ64キロメートル。古来氾濫が多く、武田信玄が築いた信玄堤は有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕釜無川(かまなしがわ)


山梨県西部を流れる川。1級河川・富士(ふじ)川水系の本流・富士川の上流部をいう別称。長野・山梨両県境の鋸(のこぎり)山(標高2685m)に源を発し、北流ついで南東流し、甲府(こうふ)盆地で笛吹(ふえふき)川と合流し富士川と呼ばれる。急流のため古くから洪水が多発し、甲斐(かい)市には戦国時代に築かれた堤防の信玄堤(しんげんづつみ)が残る。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜無川
かまなしがわ

山梨県西部を南流する川。富士川上流部の通称名。延長64キロメートル。赤石山脈北部の駒ヶ岳(こまがたけ)(2967メートル)から鋸山(のこぎりやま)に至る北斜面に源を発し、長野県と山梨県境を北に流下、八ヶ岳(やつがたけ)からの立場(たてば)川と合流して南東に流れを変え、ほぼ糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線に沿って流下、韮崎(にらさき)市の南東端で塩川、御勅使(みだい)川をあわせ南流し、甲府盆地の西部を流下、富士川(ふじかわ)町と市川三郷(いちかわみさと)町との境界付近で笛吹(ふえふき)川と合流し富士川となる。日本三大急流の上流部にあたり、上流部に花崗岩(かこうがん)地域をもつことから、古来荒れ川として、支流の御勅使川とともに甲府盆地の治水の要の一つとなっていた。大規模な水力発電には利用されていないが、盆地西部を潤す徳島堰(ぜき)の用水源として、また伏流水は、甲府盆地西半の用水源として重要である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の釜無川の言及

【甲府盆地】より

…扇状地の背後には西部には市之瀬台,南部には曾根丘陵など一段高い台地がある。盆地西部には赤石山脈北端の甲斐駒ヶ岳から流れ出て塩川を合流する釜無(かまなし)川,東部は秩父山地の甲武信ヶ岳を源とし,重川,日川,金川,荒川などを合流する笛吹川が流れ,盆地南西部で合わさって富士川となり,峡谷を刻み南流して駿河湾に注ぐ。釜無・笛吹両川の合流点付近には沖積原がひらけている。…

【信玄堤】より

…武田信玄が釜無川沿岸に構築した川除(かわよけ)用の堤防。山梨県中巨摩郡竜王町にある。…

【治水】より

…しかし徐々に川自体を押さえる方向に向かう。たとえば甲州における武田信玄の国中平野への進出と釜無川の治水は,この時代の治水の代表的なものである。信玄の治水法は,信玄堤の造成と御勅使(みだい)川の釜無川への流入点の変更である。…

※「釜無川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釜無川の関連情報