コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王時敏 おうじびん Wang Shi-min

6件 の用語解説(王時敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王時敏
おうじびん
Wang Shi-min

[生]万暦20(1592)
[没]康煕19(1680)
中国,明末,清初の画家。婁東 (ろうとう。江蘇省太倉) の人。字は遜之,号は烟客,西田主人,晩年に西廬老人。父祖が高官であったため奉常となり,王奉常とも呼ばれた。清初六大家 (→四王呉 惲 ) のうち最年長者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐じびん〔ワウ‐〕【王時敏】

[1592~1680]中国、末・初の画家。太倉(江蘇省)の人。字(あざな)は遜之(そんし)。号は烟客(えんかく)・西廬(せいろ)老人。董其昌(とうきしょう)に師事し、正統南宗画(なんしゅうが)山水画を確立した。四王呉惲(ごうん)の一人。著「王奉常書画題跋」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

王時敏【おうじびん】

中国,清初の画家。江蘇の人。四王呉【うん】の一人。字は遜之,号は煙客,西廬老人。董其昌(とうきしょう)に師事,その典型主義を受け継いで黄公望風の山水を描いた。門下に王【き】,孫の王原祁らがおり,後世の官学派の祖となった。
→関連項目王鑑呉歴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうじびん【王時敏 Wáng Shí mǐn】

1592‐1680
中国,清代初期の画家。婁東(ろうとう)(江蘇省太倉)の人。字は遜之(そんし)。号は烟客(えんかく),西廬老人ほか。明末の宰相王錫爵の孫,翰林編集王衡の子。父祖の功績により太常寺少卿となったので王奉常と呼ばれる。明滅亡後は故郷に隠退した。詩文,書ともに秀でた才を示したが,もっとも絵にすぐれた。董其昌(とうきしよう)に師事して南宗画(なんしゆうが)を学び,元末四大家ことに黄公望の画風を慕い,よく山水画を描き,清初の文人画壇の指導的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうじびん【王時敏】

1592~1680) 中国、明末・清初の画家。江蘇省出身。字あざなは遜之、号は烟客。明の名家の出。家蔵の宋之の古画を研究し、董其昌に師事して、山水文人画の祖となる。明末・清初の文人画壇の中心にあって、同郷の王鑑とともに二王と称される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王時敏
おうじびん
(1592―1680)

中国、明(みん)末清(しん)初の文人画家。いわゆる四王呉(しおうごうん)(ほかに王鑑(おうかん)、王(おうき)、王原祁(おうげんき)、呉歴(ごれき)(うんかく))の一人で、その筆頭にあげられる清代文人画の祖。字(あざな)は遜之(そんし)、号は煙客、西廬(せいろ)老人、西田主人など。江蘇(こうそ)省太倉(たいそう)の名家(吏部尚書王錫爵(おうしゃくしゅく)の孫)の出で、明朝に仕え、崇禎(すうてい)(1628~44)の初め大常寺少卿(しょうきょう)(奉常)になったため王奉常ともいわれる。清朝には仕えず、故郷に退居して後進を指導した。博学で詩文ならびに書をよくし、とくに書は八分(はっぷん)に優れた。画は董其昌(とうきしょう)に師事し、とくに黄公望(こうこうぼう)に傾倒し、研究してその画風を受け継いだ。弟子に王、孫に王原祁が出た。おもな著に『西廬題跋(だいばつ)』『王奉常書画題跋』などがある。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王時敏の言及

【王鑑】より

…明末に廉州(広東省合浦)太守となったので王廉州と呼ばれる。幼少より家蔵の古書画を学び,同郷の友王時敏とともに董其昌(とうきしよう)に師事し,南宗画(なんしゆうが)の正系を受け継ぐ清初の正統派文人画壇の指導的役割を果たした。四王呉惲(しおうごうん)の一人。…

【四王呉惲】より

…中国,清代初期の正統派文人画家を代表する王時敏,王鑑,王翬(おうき),王原祁(おうげんき),呉歴,惲寿平の6人。清初六大家。…

【清代美術】より

…理論には忠実ではなかったが,実作では董其昌画の末梢的な要素を増殖していったといえるであろう。こうした傾向を邪道のみ栄える画道の衰微の極と断定し,危機とみなしてその作品をまっこうから否定して,董其昌の理論そのものを信奉し再現する芸術運動を起こしたのが王時敏である。明朝滅亡後,郷里の江蘇太倉に隠居していた王時敏は,同郷の友人王鑑を好伴侶とし,孫の王原祁(おうげんき),王鑑の発見した王翬(おうき),王翬の同郷の友人呉歴,親友の惲寿平(うんじゆへい)(四王呉惲)ら清初の6大家と呼ばれる地縁血縁の強固な間柄で結ばれた勢力を結集して運動を展開した。…

※「王時敏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王時敏の関連キーワード文点王鑑王原祁羅牧曹洞雲峰等悦小倉東渓竜登王概王宸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone