コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琳賢 りんけん

3件 の用語解説(琳賢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琳賢
りんけん

室町時代の画家,興福寺絵所芝座の絵師。『東大寺大仏縁起絵巻』 (1536,東大寺) を同じく芝座の藤勝丸とともに制作。社寺縁起の最後を飾る絵巻といえるもので,南都絵仏師に独特の強烈な色彩を駆使する画風を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琳賢 りんけん

1074-1150 平安時代後期の僧。
承保(じょうほう)元年生まれ。真言宗。華厳(けごん)をまなんだのち,高野山で良禅から灌頂(かんじょう)をうける。小聖とよばれ,保延(ほうえん)5年高野山検校(けんぎょう)。堂塔をたて,経典の転写と保存につとめた。久安6年8月14日死去。77歳。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)出身。字(あざな)は円如。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

琳賢

生年:生没年不詳
室町後期の画家。琳賢坊有勝と称す。興福寺大乗院に所属する絵所・吐田座の絵師であったが,江戸時代には同寺一乗院所属の芝座の絵師と誤解され,芝法眼と呼ばれた。天文年間(1532~55)を中心に東大寺や興福寺,春日大社などで,画像の制作,彫像や建築物などの彩色に活躍した。天文5(1536)年,20巻本の「東大寺縁起」を3巻に要約した「大仏縁起絵巻」(東大寺蔵)を描き,15年に「天川弁才天曼荼羅図」(奈良能満院蔵)を描き,22年には春日大社の造替(改築)にともなう社殿の彩色に従事したことなどが知られている。<参考文献>河原由雄「南都絵所のゆくえ」(『奈良県史』15巻)

(救仁郷秀明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琳賢の関連キーワード周徳高倉範久高橋晁山等明長富等逸楊門雲谿等室栗本翠庵紀治直古市播磨守

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone