コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘粕正彦 あまかすまさひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘粕正彦
あまかすまさひこ

[生]1891.1.26. 宮城
[没]1945.8.20. 満州(現・中国東北部),新京
陸軍軍人,旧満州国要人。 1912年,陸軍士官学校卒業後,憲兵司令部副官などを経て,21年憲兵大尉となる。 23年9月 16日,麹町憲兵分隊長として無政府主義者大杉栄,大杉の妻で婦人運動家伊藤野枝,甥の橘宗一 (6歳) を連行し,絞殺した (甘粕事件) 。甘粕軍法会議にかけられ,懲役 10年の判決を受けたが,3年後の 26年仮出所,30年中国に渡る。 31年の満州事変以後,軍の謀略・工作活動にたずさわり,満州国建設に関与した。のち,満州映画協会理事長などを歴任。 45年第2次世界大戦終結と同時に満州でピストル自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

甘粕正彦【あまかすまさひこ】

陸軍軍人。仙台市出身。1912年陸軍士官学校卒。1923年東京麹町憲兵分隊長のとき,関東大震災混乱に乗じて無政府主義者大杉栄伊藤野枝らを絞殺(甘粕事件),軍法会議で懲役10年の判決を受けるが,恩赦により3年で出所,陸軍機密費でフランスに渡る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甘粕正彦 あまかす-まさひこ

1891-1945 大正-昭和時代前期の軍人。
明治24年1月26日生まれ。大正12年東京麹町(こうじまち)憲兵分隊長(憲兵大尉)となり,関東大震災の混乱に乗じて大杉栄,伊藤野枝らを殺害し,懲役10年の刑をうける(甘粕事件)。昭和4年満州(中国東北部)にわたり,満州国建国に関与。のち満州映画協会理事長。昭和20年8月20日新京(現長春)で自殺。55歳。宮城県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】大ばくちもとも子もなくすってんてん(満映理事長室の黒板にのこした辞世の句)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あまかすまさひこ【甘粕正彦】

1891‐1945(明治24‐昭和20)
陸軍軍人,のち満州国の要人。仙台市生れ。1912年陸軍士官学校卒,21年憲兵大尉となる。23年9月東京麴町憲兵分隊長のとき,関東大震災の混乱に乗じてアナーキスト大杉栄らを殺害し,軍法会議で懲役10年の判決をうける(甘粕事件)。26年仮出所し,フランスに渡る。29年帰国後大川周明の手引きで満州に渡り,満州事変に際し裏面で関東軍に協力,のち満州国民政部警務司長,協和会中央本部総務部長,満州映画協会理事長などを歴任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘粕正彦
あまかすまさひこ
(1891―1945)

大正時代の軍人、昭和時代の満州国要人。明治24年1月26日宮城県に生まれる。父は警察官。陸軍士官学校卒業後、けがのため憲兵に転科し、1921年(大正10)憲兵大尉となった。渋谷憲兵分隊長兼麹町(こうじまち)憲兵分隊長のとき、1923年9月の関東大震災にあい、大杉栄(おおすぎさかえ)らを殺害、同年軍法会議で懲役10年の判決を受けた。1926年10月に出獄し、翌1927年渡仏。帰国後、中国東北(満州)に渡り、関東軍の満州占領計画に協力した。1932年(昭和7)に満州国民政部警務司長、のち協和会中央本部総務部長、満州映画協会理事長などを歴任した。昭和20年8月20日自決。[吉見義明]
『角田房子著『甘粕大尉』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甘粕正彦の関連キーワード重藤 千秋伊藤 野枝沓名環希小椋麗華佐野眞一

甘粕正彦の関連情報