生る(読み)アル

デジタル大辞泉「生る」の解説

あ・る【生る】

[動ラ下二]など神聖なものが出現する。天皇の御子などが生まれる。
橿原かしはら日知ひじりの御代ゆ―・れましし神のことごと」〈・二九〉

な・る【生る】

[動ラ五(四)]
草木ができる。結実する。みのる。「柿が―・る」
新たに生じる。
「親無しになれ―・りけめや」〈推古紀・歌謡〉
[類語]出来る産するとれる実る実を結ぶ鈴生り実り結実末生うらな本生り二度生り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「生る」の解説

いけ‐る【生る】

連語〙 (四段動詞「いく(生)」の命令形「いけ」に、完了の助動詞「り」の連体形「る」の付いたもの) 生きている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android