コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴生り スズナリ

デジタル大辞泉の解説

すず‐なり【鈴生り】

果実が、神楽鈴(かぐらすず)のように、たくさん群がりなっていること。「柿が鈴生りに赤い実をつける」
多くのものが房状に集まってぶら下がっていること。また、大勢の人が1か所にかたまっていること。「鈴生りの観衆」
「天井から下った―の烏帽子籠」〈万太郎・春泥〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すずなり【鈴生り】

果実などが、神楽かぐら鈴のようにいっぱいに群がってなっていること。
人が一か所に大勢群がっていること。 「 -の見物人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鈴生りの関連キーワード見物人生り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴生りの関連情報